【アメリカ大統領選とメディア】

皆さん、お元気ですか? 僕はとても元気です。

長い間、ブログが書けませんでしたが、ようやくブログにアクセスできるようになったので、書いてみたいと思います。

このブログはレンタルサーバーを借りて書いているのに、ブログに何故かアクセスができなくなったりしています。サーバーの会社に問い合わせをしても、問題がないといわれるので原因が不明です。

これは、3月ごろにディープステートの記事を書いて以来、頻繁に起こっています。ディープステートというのは都市伝説として扱われる類のものですが、世界を陰で支配している人たちのことです。

その記事自体は、アップした時点で、サーバーからも削除されてしまっています。その後1か月はサーバーにアクセスできなかったので、暗に、その内容を書くと、今度はただでは済まないという脅しのメッセージだと考えられます。

ただ、こういうことがあると、世界を陰で支配しているグループが確かにあるということをひしひしと実感しています。

前置きが長くなりましたが、今、日本ではアメリカ大統領選でバイデン候補が当選したと大々的に報道されていますが、実際、アメリカでは、まだ大統領が決まったということではありません。

というのは、トランプ大統領は、反ディープステート側の人間で、ディープステートがトランプを排除しようとしているため、大手メディアはこぞってトランプの敗退を宣伝しているのです。

トランプ大統領は、アメリカからディープステートを追い出すために大統領になったため、今回、様々な仕掛けを使って今回の選挙に臨んでいるという情報があります。

本来はFacebookにこの内容を書きたいのですが、FacebookなどSNSは、殆どディープステートに支配されているため、アカウントが停止されるため、今回ここでこの記事を書いています。

私が、説明するよりよい動画がありましたので紹介しておきます。 国際政治学者 の藤井厳喜氏の話です。

南北戦争以来の危機】大衆の生活、信教の自由、民主主義…今、トランプが守っているものは上げても上げてもキリがないです.

これが、現状のアメリカです。日本では一切報道されませんが、地位も名誉もあり、アメリカでも数少ない軍事裁判の弁護士でもある敏腕弁護士シドニー・パウエル氏が、先日、不正選挙があったとして、多くの証拠を添えて告訴しました。

この告訴に対して、大手メディアは、誤字だらけで、証拠すらないと報道しましたが、科学的証拠、人的証拠など添えたうえ、自己のホームページにも告訴状を載せました。

ところが、Twitterなど大手SNSでは、そのリンクをコピーしたものを投稿しようとすると、それを拒否するようにしました。

こういった事実からも、ディープステートは明らかに一般の目から、不都合なことをそらそうとしているのがわかると思います。こういった実績ある弁護士が、弁護士生命をかけて、不正選挙に挑む姿は本当に素晴らしいと思います。