知っている者と知らざる者

本ブログも今年最後になってしまいました。このブログを読まれている方は、もう年末年始のお休みに入られた方が多いと思いますが、私は、年末年始の休みのない仕事をしていますので、普通通りすごしています。

それはさておき、知っている人と知らざる人では、物事の見え方が違うというお話しをさせていただきます。
ちなみに、知っているというのは、本質が見ているということです。
私は来年から、合気道の完成を目指しつつ、様々な分野のことをやっていきたいと思っています。ですから、来年の自分に対して、誤った判断をしないよう反省を促す意味でも書いておこうと思ったのです。

私たち人間は、物事を見るとき、大方は先入観というサングラスをして見てしまいます。そして、その先入観がときとして、大きな壁となって新しいことの習得を妨げます。要するに、先入観があると本質が見えないのです。ですから、本質が見えている人の見える世界と見えていない人の見える世界は全くちがうからです。

何事においても、熟知している人は、非常に簡単にその分野のことをやってのけます。さすが熟練技といいたくなりますが、実は、その熟練技にもノウハウがあり、その人にとっては簡単なのです。そして、そのノウハウこそ本質であり、それにいち早く気付いた人は、常識を超えたようなことをやってのけます。

そういう人から、本質であるノウハウを受け取ると、やはり常識を超えて短期間で飛躍的に進歩します。ただ、努力である程度の技術に上り詰めた人は、ある程度のノウハウは持っていますが、常識を超えるノウハウはもっていません。まだ、本質に気付いていないからです。

さらに、超一流の人に、自分のノウハウをより客観的に見つめ法則化している人が世の中にいます。そして、人に教えて、常識では考えられないほど飛躍的に進歩させています。

合気道の達人の井口師範は、確かに言葉では巧く伝える術は持っておられませんでしたが、本質が見えていた一人です。私というあまり運動神経のよくない不詳の弟子に対して、非常に熱心に丁寧に井口師範の持っているスキルを説明しようとしてくださいました。私はそれを中々受け取ることができず、師匠を悩ませ続けたとおもいますが、そのお陰をもちまして、日本中から私を訪ねてこられる人たちに満足していただけるだけの秘伝を授けていただくことができました。と、いいましても師匠の足元にも及びませんが……

何度もいいますが、私は、運動神経が格別いい方ではありません。しかし、私は、超一流の井口師範の秘伝を授けていただいたことで、運動神経の万能と思える人が10年、20年しても到達できないところいます。それどころか、半世紀以上も合気道をやっている人の技を見抜き、対処することができます。

何故なら、井口師範から教わった秘伝は、その方々の行う技よりも、まだ上だからです。
その証拠に、現在当会で個人指導を受けている合気道の高段者の方が、1年半ほどで、半世紀もやっている合気道の師範の技をすべて受け止められるようになっています。

「何だ。受け止めるだけか……」と、思われる人もおられるでしょうが、受け止めるというのは、師範がその人に対して、「どう倒そうか?」と、事前に対策を講じ考えてきた突然出される技に対処できるということです。そういう意味で受け止めるようになっているといったらどうでしょうか。

合気道をされている方はご存知の通り、合気道の師範の方が、初めての人に合気道を説明する際、
「ちょっと手首をつかんでみてください」とか、
「お腹を狙ってパンチを打ってきてください」
というように、注文をつけます。

当然、合気道が初めての人は合気道の技が分からないから、すぐに反応ができません。一方、相手の攻撃に注文をつけている師範の方は、それに対して万全の準備ができていますので、簡単に技を掛けることができます。その結果、「合気道、すげー」となるのですが、これが合気道の指導者の罠です。それでしたら、正直、合気道を半年やった人でもできます。

この方の師範も、突然、この方に声をかけて、自分の技を試すようなことをします。そんな場合、通常は、師範の方が勝つことがすでに決まっているのですが、それを受け止めることができるわけです。そして、師範は
「おー、呼吸力が強なったな」
と、いうそうです。まあ、多くいる弟子の中で一人ぐらいそんなのがいてもいいかということでしょう。しかし、師範は心の中ではきっと、『何故、こいつだけ、私の技がきかないのだ?」と思っているに違いないのです。

効かない理由は、もうお分かりと思いますが、この師範には、根本的な原理(本質)が見えていないのです。一方、師範の受けをしている当会で秘伝を学んだ合気道高段者の人には本質が見えているから、不利な状況でも対処ができるのです。

この方は、私に、
「先生について1年半以上で飛躍的に進歩しました。私の十何年はなんだったんだろう」
とおっしゃいました。でも、実は本質を知っているか知らないかだけなのです。ですから、もっと上の本質を知っている人には私はかなわないのです。

不詳な弟子の私に、一生懸命教えていただいた井口師範に感謝するとともに、わたしのような不肖な弟子をもったゆえに、すべてを教える前に、他界せざるを得なかった井口師範の無念さ、如何程のことだったでしょう。本当に申し訳なく思っています。

ですから、来年からは、さらなる本質をさがすため、頑張っていこうと思っています。ブログを読んでいただいた皆様、本年はどうもありがとうございました。皆様も目先のテクニックではなく、本質を求めて修業されることをお祈り申し上げます。いいお年をお迎えください。

iQiPlus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です