【体の段階】座り技呼吸法でなぜ力が入るか?

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、私の師匠・井口師範はあるとき「合気道では5つの段階を通って学ぶ」とお話しくださいました。その5つの段階とは形の段階・体 の段階 ・気 の段階 ・ 意 の段階 ・神 の段階 です。

当ブログでは、現在は形がある程度理解できた人の次の段階である体の段階について述べいます。体の段階とは次の気の段階の準備段階であり合気道の修行を進めるに当たって非常に大切な段階で、自分の身体の使い方と自分と相手との関係を知るという2つの段階とから成り立っています。

今回は前回心身統一合氣道の故・藤平光一師範の提唱した折れない腕を気のイメージを使わないやり方をご説明しました。今回はこの折れない腕の使い方を座り技呼吸法(呼吸力鍛錬法)をご紹介したいと思います。座り技呼吸法で折れない腕を使うと様々な発見があり、これを研究する価値が非常にあります。今回はその内容をおおくりします。

このブログで分かること

このブログで分かることは、座り技呼吸法で腕に力がはいる根本原因がわかります。そのための対策法も同時に示すのでより効率のよい稽古ができるようになります。つい 肩に力が入ってしまう人や腕に力が入ってしまう人は最後までお読みいただけるとすべての問題が解消できます。

1.なぜ座り技呼吸法で力がはいるのかがわかる
2.力がはいる対策法がわかる
3.折れない腕の応用方がわかる
4.正しい体の使い方がわかる

目次

座り技呼吸法と折れない腕の関係
手首を持たれると起こる反射
反射の防止には腹圧が必要
力の伝え方

座り技呼吸法と折れない腕の関係

折れない腕ができるようになりましたら、次の段階として座り技呼吸法(正式名称:座り技呼吸力鍛錬法)に応用してみましょう。

座り技呼吸法の一般的な解説として「臍下丹田を意識して気を腕に伝えて腕に流すことで相手に気が流れ込み相手を倒す」ということではないでしょうか?

ですから感覚として折れない腕とほぼ同じということが言えます。ただ異なるのは、体幹の力を如何に折れない腕に伝えるかということです。

ところが、この折れない腕を座り技呼吸法に応用しようと思った際、実は大きな問題点があります。それは折れない腕では手首の下の部分で支えられていたのが、座り技呼吸法では手首の上の部分で持たれてしまうという点です。

この点で勝手が違って折れない腕ができていた人でも座り技呼吸法が上手くでいない状態に陥っている人がいます。その理由を次に話します。

手首を持たれると起こる反射

この座り技呼吸法というのは長年研鑽をしている有段者さえ腕力の差が大きい相手だと中々思うようにかけられません。ですから折れない腕の応用というとそれを否定される方もいらっしゃいます。

しかし、座り技呼吸法は原理的には折れない腕と同じなのです。そこでまず何故座り技呼吸法がうまくできないかという理由について説明していきましょう。ぶっちゃけ結論から言いますと動生理学で言われる反射を起こしていしまっているからなのです。

その反射とはどういうものなのかを少し詳しく説明していきましょう。相手が手首を取りに来たとき相手の力を感じるのは手首の一番上の部分なのですが、ここに力を感じると反射としてそれを押し返そうとする筋肉が働いてしまいます。その筋肉というのは所謂屈筋と呼ばれるもので、上腕二頭筋と肩の三角筋などです。

上腕二頭筋は所謂力こぶと言われる部位の筋肉で、肘を曲げるのに使用される筋肉で、図のような反応が起こるのです。上腕二頭筋は単に肘を曲げる筋肉ですので動きが単純で非常に読まれやすいという特徴があるのと同時に、術者からすると力強さを感じるため力が出ていると勘違いをしてしまいます。

さらに、上腕二頭筋が働くと次にこれに連動して肩の筋肉である三角筋が働きます。この筋肉は手首から非常に離れているので 作用点が遠くにあるため テコの原理から言うと非常に大きな力が必要となる筋肉です。ですからあまり複雑な動作ができない割には出力が小さいという問題がでます。

上腕二頭筋と三角筋が働くと次はこれを固定するため背中の筋肉が張り、結局背骨の起立筋が硬直させて腰の筋肉を反らせて対抗するという結果となります。こうなると動きがより単純化されてしまうのです。これでは相手を倒すことは当然できません。

以上が手首を上から抑えられそうになると起こる反射なのです。これが起こると伸筋の反対側の筋肉が緊張し折れない腕ができなくなるのです。

反射の防止には腹圧が必要

では反射を起こさないためにはどうするかという問題です。もうお分かりになった方もいらっしゃると思いますが、先ずは合わせを使って相手と力がぶつからない状態を作るということです。そして反応速度を利用して一気呵成に相手を倒すというのも一つの手です。

ところがこれでは今回のテーマの折れない腕を座り技呼吸法に応用するということにはなりません。座り技呼吸法に折れない腕の応用を考えると何故合氣道で使う力を呼吸法と呼ぶのかが分かります。

というのは座り技呼吸法では体幹を支えるため腹圧を使います。合氣道では丹田を意識するようにと言われますが、実際は丹田を意識することで腹圧を掛けるのです。腹圧は呼吸筋といわれる横隔膜でコントロールしますのでまさしく呼吸筋によって体幹を支えて作られる安定した状態から繰り出される力が呼吸力といえるのです。

腹圧というのは医学的には 腹腔内圧 と呼ばれ、 腹腔とは腹部の内臓を収める空間のことで、隔膜、骨盤底筋、腹横筋、脊柱部の多裂筋などのインナーマッスルで囲まれています。そして横隔膜が下がると腹部全体の筋肉が同時に収縮され、腹圧が高まります。

反射は上腕二頭筋から三角筋を通って背中の起立筋群が緊張するという現象でした。体の表層の筋力の緊張による現象です。ところが体の内部を安定し地面からの力を直接体から伝えることで、体表の緊張が起こり難くなるのです。

下図はその状況をモデル的に示したものです。反射が起こった場合は表層の筋肉だけが張るのでまるで板バネに取り付けらえた腕のようでバネの強さだけ押し返せるようなイメージですが、腹圧を使ったモデルでは相手の力を直接体幹から地面に逃がし、その反作用を利用して相手に返すということが可能になります。


腹圧を高めるには腹式呼吸の稽古が最適です。先ずは息を吐き切りお腹をへこませます。肛門を締め上げると同時にお腹を膨らませ息を吸い込みます。吸いきった時点で息をつめずに息を止めお腹に圧を加えます。これを繰り返します。肺の圧が高まると脳に圧力が行き悪影響がでますので くれぐれも息を止めた時に息をつめないでください。

腹式呼吸が思うようにできると次は逆式呼吸の段階にはいります。逆式呼吸は息を吐きながらお腹を膨らませ、息を吸う時にお腹をへこませるという呼吸法です。この呼吸法ができるようになると腹圧が自由に作り出せ、腹圧を上げたときパンチをされてもかなり耐えられるようになります。

力の伝え方

腹圧を自在に作れるようになったら体幹がかなり安定してきているので、その体幹の安定感をつかって地面の力を腕に伝えるようにします。

感覚的には腹圧を上げたとき丹田から上下八方に圧が広がるような感じで丹田からの力が腕に伝わるという感覚です。

さらに相手へ伝える力は自分の手首の下側、要するに相手が持っている指側から伝えます。間違えても自分の手首の上側を使おうとしないことです。手首の上に意識が行った時点で反射が起こり上腕二頭筋、三角筋、脊柱起立筋の緊張がおこります。

さらに良いイメージとしては相手の掌の皮が空いて方向に1センチ伸びるような感覚があるとかなり効果が発揮します。

とにかく座り技呼吸法のポイントを一言でいうと「意識のポイントは手首の下側」です。心身統一合気道の藤平師範も僕の師匠の井口師範も重みは下に感じるようにと言われていますが、ここに意識を置くことで、上記の屈筋群にかかる力がすべて解消されます。これが効くか効かないかのポイントなのです。

ただし皮膚の技術の秘伝という別のやり方もありますが、それについて述べるとまた長くなるので今回はここまでとしておきます。とにかく、意識するところを手首の上ではなく手首の下側だと覚えておき、そこを意識できるように動くことです。

◆   ◆   ◆

今回は折れない腕を座り技呼吸法で応用するやり方を説明しました。合氣道修行者の方がこのやり方を良く研究すると様々な気づきがあると思います。とくに折れない腕がさまざまな局面で使えるということもわかってくると思いますので是非研究することをお勧めします。

次回は立った状態での強い力の伝え方の秘伝について述べたいと思います。 最後までお読みいただいた読者の方々有難うございました。

もし記事の内容がよければ、ぜひ下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【体の段階】折れない腕

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、私の師匠・井口師範はあるとき「合気道では5つの段階を通って学ぶ」とお話しくださいました。その5つの段階とは形の段階・体 の段階 ・気 の段階 ・ 意 の段階 ・神 の段階 です。

形の段階は形を教えてもらった通り行う段階で多くの方が取り組んでいるものです。ところがこの後多くの修行者はいきなり気の段階に入ろうとしますが、実は気の段階に入る前にどうしても体の段階の稽古をしておく必要があるのです。

体の段階の稽古には2つの段階があり、最初が自分の身体の使い方を理解する段階であり、2つ目めは自分の動きがどのように相手に影響を与えるかを知る段階です。

このブログでは前回までは体の段階を行う上でもっとも必要な概念を説明しました。それは「相手に悟られない動きをする」ということでした。そしてもう一つは体の段階の最終目標である「相手のバランスを奪う」ための基本的な考え方について述べました。

今回からはこれらの基礎知識を元に体の段階の技術を深掘りしていきたいと思います。今回は合気道で使う筋力に関連して合気道でよく言われる折れない腕について述べていきたいと思います。

このブログで分かること

折れない腕は合氣道界に割と普及している技術です。この技術の応用はたくさんありますが、中には中々できない方もよくいらっしゃいます。このブログでは氣という概念を使わず折れない腕の作り方を説明し、さらに折れない腕ができる理由も解明していきます。今まで折れない腕があまりよくわからない人は最後まで読むことでやり方がわかるようになります。

・ 誰でもできる 折れない腕
・折れない腕の原理
・気を使わない折れない腕の作り方

目次

折れない腕の作り方
折れない腕ができる理由
折れない腕のメリット
折れない腕から学ぶべきポイント

折れない腕の作り方

合氣道では 折れない腕 というスキルが存在しています。それは心身統一合氣道の故・藤平光一師範が合気道最大団体の合気会の師範部長をされているときに提唱しそれが合気道会に広がったものです。

折れない腕の基本的な考えは
「臍下丹田を意識し、手をリラックスせて、指から気がほとばしるとイメージをすると、腕に気が流れ、どんなに力を加えられても決して折ることができないぐらい強くなる」
というものです。

そしてこの折れない腕をパフォーマンスで行う場合に下図のように相手に腕力で腕を曲げるように試みてもらいます。もし折れない腕ができていたら相手がどれだけ力をいれようとも腕は今の字状態異常に曲がりません。

          折れない腕のパフォーマンス

折れない腕は実は藤平師範が気の存在を証明するために行ったパフォーマンスでしたが、実はこれは気ではない角度からも実際に行える技術なのです。当ブログでは現在は体の段階の技術を述べているので、折れない腕を気という概念を使わない別角度から説明をしたいと思います。

結論から言えば折れない腕というのは、伸筋のみを使い自分の腕で最高の筋力を使える状態を作りつつ、相手の生理学的欠点を利用することで相手に力を返す技術なのです。

  1. 丹田から鋼鉄の棒が出ていて手首をしっかりと支えていると想像します。
  2. 相手に両腕を支えて貰い力を入れる準備をしてもらいます。
  3. そこで丹田で鉄棒を押し出すようイメージしながらお腹を2,3センチ前に進ませて手首も前に進ませます。このとき注意すべき点は4つあります。
     ①手の筋肉を緊張させない
     ②足を使って腹を前に進ませる
     ③腰を反らしてお腹を突き出さない
     ⓸手首の下部を押し出すようにして力を返す
    以上を意識すると腹圧が上がり体幹が安定します。
  4. そこで相手に思い切り腕を曲げようとしてもらいます

以上で相手はあなたの腕を屈曲させることができなくなります。

折れない腕ができる理由

この簡単な理由は2つあります。一つは力を抜いたという感覚で腕の伸筋(腕を伸ばそうとする筋肉)が有効に働くために予想以上に力がでるためと、もう一つはお腹(体幹)からの力が前にでて、相手の力のベクトルをずらすため充分に力が入れられなくなるからです。

このように人間はわずかに狂ったバランスや条件が判断できなくなるため、非力な女性がこのパフォーマンスを行っても腕を強制的に屈曲できなくなるのです。これは飽くまでもパフォーマンスであって、この折れない腕ができるかどうかをチェックするもので技というたぐいのものではありません。

折れない腕のメリット

ここでこの折れない腕のメリットをあげると

  1. 相手が微妙に崩れていてベクトルをずらされていることに気づかない
  2. 自分の腕の筋力が変化しないことで意図が相手に読まれない
  3. 相手の想像を超える力が伝わる
  4. 非力な女性でも男性に使える

項目1についてはもう既に述べましたのでいう必要がありませんね。項目2についてですが、もっと相手にこちらの意図が読まれる原因となるのが腕の各筋肉の筋力の変化です。ですから相手との接点ではいかなる腕の筋肉の変化もできるだけ抑えるようにする必要があります。しかしこの折れない腕は固定するという点に意識を使っているため腕の筋肉に変化が起こり難いのです。

項目3についてですが、これも既に述べていますが相手は微妙にバランスを奪われているため充分に力が入らない上、腕の筋肉を微妙に使わないため変化がつかめない状況で、体幹からくる力を使われるため予想以上の力が相手に伝わります。

項目4は合わせを併用するとさらに力が不要になるため非力な女性でも男性に使えるということができます。特に足の三角秘伝で足の筋力を確実に相手に伝えるやり方や相手に誤認させる皮膚の技術の秘伝など覚えると非力な女性でも十分に男性に通用するようになります。

折れない腕から学ぶべきポイント

折れない腕から学ぶべきポイントとして、合気道のスキルというのは自分一人で行うことではないということです。折れない腕の特筆すべき点は、腕を気のパワーで強くするだけでなく、実は相手の重心を僅かにずらすことで相手に力が入らない状態を作り相手の力を相手に返すという手法を取っているという点です。

結局は、筋肉(伸筋)を有効に使いつつ、相手を崩すということを行っているのです。ただし術者の方にも相手を崩すという意識がないという点も大切です。相手を崩そうとする意識が働くと相手はそれを察知するからです。

しかも相手を崩そうとすると腕に妙な力が入りますので、急に折れない腕ができなくなるということも起こります。このように折れない腕を行うと合気道に必要な要素が浮き彫りになってくるのです。

・相手を崩そうと意識すると認識される
・折れない腕のようにこうすればこうなるという結果が大切
・気を意識することで筋肉が最善の状態になる
・気を意識するだけで体幹が整い丹田からの力がでる

このような点を意識して折れない腕を実践していただくと自分でもいろいろな発見があると思います。

◆   ◆   ◆

今回の内容は折れない腕を筋力や一般的ではない別の角度から説明しましたが、そこからいろいろなことが学べたのではないでしょう。次回は折れない腕の応用した座り技呼吸法について話したいと思います。

最後までお読みいただいた読者の方々有難うございました。

もし記事の内容がよければ、ぜひ下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【体の段階】合気道で使う力

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、私の師匠・井口師範はあるとき「合気道では5つの段階を通って学ぶ」とお話しくださいました。その5つの段階とは形の段階・体 の段階 ・気 の段階 ・ 意 の段階 ・神 の段階 です。

形の段階は形を教えてもらった通り行う段階で多くの方が取り組んでいるものです。ところがこの後多くの修行者はいきなり気の段階に入ろうとしますが、実は気の段階に入る前にどうしても体の段階の稽古をしておく必要があるのです。

体の段階の稽古には2つの段階があり、最初が自分の身体の使い方を理解する段階であり、2つ目めは自分の動きがどのように相手に影響を与えるかを知る段階です。

このブログでは前回までは体の段階を行う上でもっとも必要な概念を説明しました。それは「相手に悟られない動きをする」ということでした。そしてもう一つは体の段階の最終目標である「相手のバランスを奪う」ための基本的な考え方について述べました。

今回からはこれらの基礎知識を元に体の段階の技術を深掘りしていきたいと思います。今回は合気道で使う力とはどのようなものかについてお話したいと思います。

このブログで分かること

・合気道で用いる力とはどのような力か?
・脱力とはどのようなものか?
・合わせとは何か?
・合気道の物理的な考え方の大切さ
・合気道の運動生理学での考え方
・合気道の心理学での考え方

目次

合気道で用いる力とは
筋肉が働かないと動くことすらできない
問題は腕力の変化
腕力の変化をつくらない脱力
合気道の運動生理学
合気道の心理学

合気道で用いる力とは

「合気道の技に用いる力とは?」という質問に対してすぐ帰って来る言葉として「呼吸力」があげられます。ところが「呼吸力とはどんなものか?」という質問に対して的確に答えられないというのが多くの方の現状ではないでしょうか。

或いは様々な師範の様々な回答を見てどれが正しいのかと思ってしまう人もいるかもしれません。人によると呼吸力を「気の力」という人もおられます。ところが「気とは何か?」というと非常に曖昧な返事が返ってきてまるで煙に巻かれたような感じではっきりと分かったとは言い難い状況になるのではないでしょうか。

このように科学的な説明のできない力では万人が万人とも理解するというのは非常に難しいものと言えます。確かに人知を超えた力といえる存在は僕の経験からもあるのは事実ですし、量子力学的を引っ張り出してくるとどんな不思議なことがあってもおかしくはありません。

しかし、スキルとして常に使う という点を目指すのであれば、誰にでも繰り返し再現性がある必要があるという点から当会では科学的アプローチができる力で技を考え、その上で生理学的現象や心理学的現象を考慮した上で技を研究する必要があると考えます。

ですから、当会で扱う合気道に用いる力とは筋力運動エネルギーの2種類です。ここでいう力というのは厳密には物理学の力の定義とは異なりますが数学的な計算で示すものではないので読者の方にはご理解をお願いしたいと思います。

筋肉が働かないと動くことすらできない!

合気道修行者の中には筋力を否定する人がいますので、筋力というと 不思議に思う人がいるかもしれません。一般的に合気道の道場では筋力を使わないようにと指導され、脱力するように言われます。

ところが達人でさえ筋電図を取るとやはり筋肉は働いているのです。ですから人間が生きているうえでは科学的には筋肉を全く使わないという状態はあり得ないのです。

僕は昔のある日に突然全身の筋肉が筋肉弛緩状態になったことがあります。意識があるのに突然体が倒れ全く体が動かない状態になったのです。当時も僕は合気道をしていましたので気を意識して動こうとしましたが、立つころはもちろん手足を動かすこともできませんでした。

実は病院に行って分かったのですが、この原因になったのは高価な栄養ドリンクを毎日飲んでいたせいなのです。当時とある会社で勤めていて深夜残業がかなり続き、睡眠不足を補うため高価な栄養ドリンクを毎日飲んで体に鞭打って仕事をしていたのです。するとある日突然パタッと倒れてしてしまったのでした。

栄養ドリンクにはカフェインなど神経を高ぶらせる薬品が多数入っていますが、睡眠不足のため体が寝ることを要求しているのを無理に神経を高ぶらせて起きていたので限界が来て精神が起きているが体が眠っているという状態になってしまったわけです。よく言われる金縛りの状態と同じことが目覚めている間に起こったのです。

この時の経験から体の力が抜けると気が流れているなどイメージをしても動かないということが分かりました。このように筋肉が完全に弛緩した状態だと人間は倒れてしまうのですね。ですから合気道の技を正しく行っているという状況では必要な筋力を最小限度適切に使っていることに他なりません。

問題は腕力の変化

前項では筋力が必要といいましたが、それでもどうしても納得いかないと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか? それは「肩の力を抜くと上手くいった」「腕の力を抜くと上手くいった」という経験がある方ではないでしょうか? 

合氣道の技においても筋力を使うと言っていますが、だからと言ってウェイトトレーニングを合気道に導入すべきと言っているのではありません。それだと体格や体力が優れた人が技ができるという結論になります。

当会では技が効かないのは相手に自分の意図が読まれているからと考えています。これは体の段階の大前提の「相手にこちらの意図を読ませない」という点を思い出してください。

合気道では相手を投げるのに通常手を使います。ところがこの手を普通に使うとこちらがしようとしている情報が相手に洩れてしまうのです。すると相手はこちらの動きを察知して対応できてしまいます。それだと技が効きません。

実は人間の手というのは様々な器用な動きが要求されていますので微妙な動きが出来るようになっています。その為に微妙な筋肉の動きで相手がこちらがやろうとする情報をキャッチしてしまうわけです。

そのためには腕の筋肉の変化を作らない必要があります。これが力を抜けという理由なのです。だから腑抜けになってしまえということではありません。筋力の変化のない腕を作ってそれに体幹の力や運動エネルギーを伝えるのです。

腕力の変化を作らない脱力

ここまで読まれている方は、当会では脱力を完全に否定していると思われたのではないでしょうか? 合気道ではよく力を抜くことを指導されます。では多くの道場ではありもしないことを言っているのでしょうか?

そうではありません。脱力には2種類あります。一つは消極的な脱力ともう一つは積極的な脱力です。消極的な脱力というのは全く何も力をいれていない腑抜け状態をさし、積極的な脱力とは当会では合わせと言い相手の力の方向に動きを合わせて相手と力のぶつかりがない状態を作ることをいいます。

合気道でいう脱力とは本当に筋力を全く使わない腑抜け状態をつくることではありません。合わせを使った積極的脱力を指すのです。(なお、この合わせについては2022年4月6日の記事4月10日の記事に詳しく紹介していますのでご参照ください)

ぶつかりがあれば必ずそこに関連する筋肉がアクティブ(有効)になっています。さらに次に動作を行うにはそのアクティブになった筋肉をさらに使う必要があるため相手は簡単に次の動きが判断できてしまうのです。

さらに合わせの目的は、相手の力の方向に自ら積極的に合わせることでぶつかった状態を回避することでこちらのアクティブになった筋肉がどれであるかを相手に読ませないようにすることにあります。ですから当会でいう脱力とは合わせのことであり、相手と力がぶつかっていない状態をつくることで、単なる力の抜けた腑抜け状態とは一線を画します。

何故、腑抜け状態ではいけないかというと護身術を必要とするような場面の場合は相手の攻撃は様々の展開を見せますので腑抜け状態でいるとアッという間にやらてしまうことになるからです。

例えば相手が手首を取りにくる場合、ただ手首を握って終わりではないのです。何らかの目的があって手首を掴むのですから、ただの腑抜けのようにすると相手に体までもっていかれます。この点が腑抜けではいけないという理由です。

合気道の運動生理学

次に合わせにより作られた脱力を如何に利用するかを述べたいと思います。

ところで、運動生理学では人間が反応するのに認知してから0.5秒かかると言われています。それを反応速度といいますが、これを利用して技に掛けると相手はこちらの動きに十分対応できずコントロールを許してしまいます。要するに相手にこちらの意図が読めなければ技が上手くいくということです。

実はこれは腑抜け状態からでも同じことができます。具体的な例でいえば、相手に手首を掴ませてコチラは腑抜け状態にして脱力をしいきなり相手の予知できな方向に手を上げると相手は対抗ができず手を握ったままついてくるというようなことが起こります。

確かにこれを見せられると、腑抜け状態の脱力でも技が使えるという印象を与えてしまいますが、これは単なるパフォーマンスにしかすぎません。様々な攻撃が次々と繰り出される中でこのような技術はとても使えるものではありませんので誤解が無いように理解してください。飽くまでも合わせを使った積極的脱力状態からこれを使うということです。

合気道の心理学

ところで反応速度を利用したこのテクニックですが合気道修行者の方の中にはどうしても上手くできない方もいらっしゃいます。その原因は相手との接している場所(例えば握られている手首)に意識が行っているからです。

例えば手首を握られている状態で手を上げようとした場合に手首を意識して上げようと考えた時点で相手はこちらの意図を読みます。何故なら持たれている部分を僅かにでも意識してしまうと自分の手の筋肉が微妙に反応して筋力の変化を作ってしまうからです。その結果、相手はこちらが手を挙げる前に既に意図を読みとり、手を挙げる妨害ができるようになります。

ですから手を挙げるときは行き先のみ意識して挙げる必要があります。そのための心理的テクニックとしては次の2種類あります。
1.手を挙げる最終地点に視線を向ける
2.手をパッと開いて意識を指先に集中する

このどちらかもしくは両方行って、自分の意識が完全に相手との接点から離れると相手はこちらの動きが読めなくなります。要は相手も自分も騙して「相手との接点が無いがごとく振舞う」ことなのです。これにより体の段階での大前提「相手に情報を与えない」ということがどれだけ大切かと理解できるのではないでしょうか。

◆   ◆   ◆

今回の内容は気という概念に頼ることなく筋力を使って合気道の技ができるということを説明しました。今回は
・合気道で用いる力とはどのような力か?
・脱力とはどのようなものか?
・合わせとは何か?
・合気道の物理的な考え方の大切さ
・合気道の運動生理学での考え方
・合気道の心理学での考え方
などを説明しました。このように体の段階ではできる限り物理的な方面で技を解析し、物質的な動きで相手に影響を与えるということを徹底的に学びます。これにより気の段階に入ったとき点と点が線になりより客観的な観察ができるようなります。さらにはその上の意の段階に進むときにこの体の段階での理解が非常に大切になるのです。

次回は腕の筋力を有効に使う方法として合気道でよく言われる折れない腕について話したいと思います。これは 呼吸法などでも使え る技術なので是非理論的に理解しておく必要があります。

最後までお読みいただいた読者の方々有難うございました。

もし記事の内容がよければ、ぜひ下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【体の段階】バランスを奪うには?!

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、私の師匠・井口師範はあるとき「合気道では5つの段階を通って学ぶ」とお話しくださいました。その5つの段階とは形の段階・体 の段階 ・気 の段階 ・ 意 の段階 ・神 の段階 です。

形の段階とは形を学んだ通りできるようになることでしたが、今当ブログでは体の段階について述べており、この体の段階は合気道の修行を進めるに当たって非常に大切な段階です。これはさらに自分の身体の使い方を理解する段階、自分と相手との関係を知る段階の2段階となっています。その2つの段階に共通する大前提として「相手に読ませない」という ことがあると説明しました。その大前提で目の使い方接触点の使い方(合わせ)が 最も大切な要素ということもお話しました 。

今回は体の段階で習得すべき非常に大切な「相手のバランスを奪うこと」について述べたいとと思います。

このブログで分かること

1.武道でバランスを奪うための基本的な考え方
2.バランスを奪う上でイメージすべきポイント

目次

バランスを奪うための基本原理
基本原理の合気道的利用法
思い込みの是正
腕力は使ってはいけない理由

バランスを奪うための基本原理

バランスを奪うことに関しては合気道だけでなく、柔道や少林寺拳法などで様々研究されていると思います。この項では一般的に言われているバランスを奪う基本原理についてお話をしたいと思います。

もう既にご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、一般的に立っている人のバランスを奪う場合、両足の一番安定している箇所を直線で結んだときその線と垂直な方向に崩すのが最もバランスを崩しやすいと言われています(下図)。

さらにこれ以外に相手を一本足に重心を移動してしまうというのも相手のバランスを奪う一つの方法です。例えば柔道では重心を片足に移してその足を掛けるなどの足技があげられます。

以上が一般に言われている相手を崩す方向はどこかを知る目安となる基本原理です。

基本原理の合気道的利用法

合気道でのこの基本原理をどのようにとらえるかということに話を進めて行きたいと思います。まず最も大切なポイントから述べていきましょう。

合気道の技を行う際、最も大切な点は相手のバランスを奪っておくことにある。僕の学んだ井口師範の合気道では特に独特の崩すポイントがあります。

そのポイントというのが、相手のバランスを奪う際に“相手を移動させない”ということです。要するに相手の足を固定した状態で相手のバランスを奪う点が大切になります。

具体的には 下図 のように、崩そうとした際に左の図のように移動させるのではなく、右の図のように足が移動せずに固定された状態でバランスを奪う必要がある訳です。

思い込みの是正

多分上記のことは誰でも理解できることだと思うのですが、では実際に相手のバランスを奪おうとすると上手くいかないという現実に突き当たりますが、これは何故かといいますと2つの理由が挙げられます。一つは術者の思い込みによる間違った方向への力の加え方、もう一つは術者の意図が相手に読まれている点です。

ここでは力の方向について考えていきましょう。僕が学んだ合気道では相手の足を固定したままでバランスを奪うためには、相手に加える力の方向が大切であると学びました。といいますのはそれを実現するために『この方向に引っ張れば崩れるだろう』という思い込みの方向に力を加えていることが非常に多いのです。ですから実際に加える必要がある方向と異なることをしているという点を理解する必要があります。

そこで話を分かりやすくするため、人ではなくロッカーを倒す場合を想定します。先ずは何の考えも無しで倒そうとする人の場合を考えてみましょう。そういう人は左の図の紫の矢印ように真横からロッカーを押してしまうでしょう。そうするとかなりの力で押しても倒れず、床面を滑って赤矢印のように移動するだけで終わってしまいます。

一方よく考えて倒す人の場合、ロッカーの下部の1辺を中心に円弧起動を描くように力を加えればロッカーは簡単に倒れるのが分かりますから右図のように斜め上にロッカーを押すとロッカーは図のように円弧を描いて簡単に倒ます。

このロッカーの例のように接地面の1辺を中心に円弧を描くように力を加えると最も効率的にロッカーを倒すことができるのが誰でも少し考えればわかることだと思います。しかもロッカーの例でもわかるように1辺を中心に倒すのに最適な方向というのが唯一つだけあるのです。

これは合気道で人を倒す場合も同様です。お分かりかと思いますがロッカーでの1辺に相当するのが両足を結んだ線になります。ところが実際の人体となるとその崩せるという唯一の方向となると勘違いをしてしまう方がかなりいらっしゃるのです。

それが思い込みの力の方向と言えます。相手を崩そうと思って導いたとき
・相手と力がぶつかって抵抗されてしまう
・相手の足が崩れる前に移動してしまう
などの状態になっている場合は確実に相手に加える力の方向が間違っているということです。

相手の両足を結ぶ直線を中心として相手のバランスを奪うにはロッカーの例と同じく、円弧を描くような方向に力を加える必要があります。

腕力を使ってはいけない理由

ところがこの理論通り行ってもうまく相手のバランスを奪うことができない場合があります。これは相手に自分がしようとしていることを読まれているからです。

その多くの原因が腕力を使ってやろうとするためです。前項では話を簡単にするため力をいう表現をしましたが、実は合気道ではこの力は腕力のことではありません。合気道で腕力を使わないで技を行う必要があるのです。

何故なら腕の筋肉を使うと相手にこちらの意図が読まれるからです。そこで特に合気道では足や体幹から伝わる力や運動エネルギーを使って相手に力を伝えます。

         三角筋

冒頭で体の段階は2つに分かれていて、最初の段階が自分の身体を理解する段階であるお話しましたが、少しでも相手にこちらの意図を読ませないために自分の動きをコントロールできるようになることが必要なわけです。

ちなみに、当会では初心者に足の力を伝える足の三角というやり方や舟漕ぎ運動などの陽の技法、反作用を利用する陰の技法、運動エネルギーを伝える体捌き、当身術(打撃法)、合わせの技術など稽古して自分の動きをコントロールする方法を教えています。

このように如何に相手に意図を悟られないという点に注意すれば相手のバランスを奪うことが可能になる訳です。そのような技法は実は当会が指導しているもの以外にもたくさんあるかと思いますので、読者の方も自分で工夫されると良いと思います。

ヒントとしては最も読まれやすいのは肩の筋肉である三角筋を使う動作です。ですから合気道では肩の力を抜いてとかいわれるのです。

今回は体の段階での最も大切な相手との関係の最終目標である相手のバランスを奪うということでお話しました。そしてこれを実現するためには、腕の筋肉を使う動作ではできないということを説明しました。そのためには体の段階の第一段階である自分の身体の動きを理解する必要があります。そして今回お話した相手のバランスを奪うという知識を使って自分の動きを相手にどう伝えるかという第二段階に入ることができます。

◆   ◆   ◆

そこで次回は体の段階の第一段階である自分の身体をどう操作するかという点で合気道に使う実際の力の問題についてお話したいと思います。

最後までお読みいただいた読者の方々有難うございました。

もし記事の内容がよければ、ぜひ下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【体の段階】合わせとは!後編

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、私の師匠・井口師範から教わった合気道では5つの段階を通って学ぶということをお話しました。それらは形の段階・体 の段階 ・気 の段階 ・ 意 の段階 ・神 の段階 です。

現在このブログでは体の段階について述べており、体の段階ではその前提として「相手に読まれない」ということでしたが、そのポイントの一つが目の使い方、前回から述べているのが二つ目の相手との接触点の使い方(合わせ)についてです。

今回は前回に引き続いて相手との接触点の扱いについてさらに深掘りをしていきたいと思います。前回は接触点はぶつからずに相手に合わすこととお話しましたが、今回はさらに具体的に述べていきます。

このブログで分かること

1.合気道での気の使い方を稽古する前に必要なこと
2.「脱力」「合わせる」「ぶつからない」などの意味と理由
3.実際の合わせるためのポイント

目次

・気を学ぶ前に学ぶこと!
・相手とぶつかる理由!
・合わせるとは?!
・上手く合わせられない理由!
・合わせを使ってもぶつかる時は?!
・それでもぶつかりが出る場合は?!

気を学ぶ前に学ぶこと!

合気道では一足飛びに気のことを考える修行者が多いとおもいますが、気の段階の前に先ず体の段階を通る必要があります。まずはその理由から述べていきたいと思います。

体の段階というのは、相手の体と自分の体、相手の動きと自分の動きなどの関係を理解する段階です。この段階を飛ばして気の段階に行く方で中々上達しない人の多くは気を自分だけの範囲での使用で終わってしまうからです。

合気道の技というのは相手と自分の2人の化合物なのです。相手というものを考えず気だけを考えてしまうと自分も相手も気が出ているので、結局相手に読まれてしまい技が思うよに効かないということになるわけです。

気を考える場合は相手にどのように気が入るかを知る必要があるのですが、その基礎を作るのが体の段階です。自分がどう動くと相手がどう動くか、相手を崩すにはどう考えるかなど工夫してそれが身について初めて気の段階に移ることで自分の気と相手の気を合わすことができそこで初めて技が効くということになります。

飽くまでも合気道の技は相手と自分を合わせるということが目的ですので、物理レベルで合わせる、すなわち物理である身体で如何に相手と合わせられるかが体の段階の目標な訳です。

相手とぶつかる理由

ではもう少し具体的に話を進めていきましょう。物理レベルで合わせるとはどういうことかという点についてお話します。

その例として、片手持ち回転投げの最初の捌きを考えてみましょう。下図はご片手持ち回転投げの一般的な捌きを示しています(この後にこの女性は相手の腕を上げ相手の側面に入る訳ですが本気でつかまれたときこの捌きまでが出来ない方が多いのでここでは割愛します)。この女性のように捌きをしようとした場合、相手が本気で捕まえていると②までいけない修行者が割といるのではないでしょうか? では何故上手くいけないのでしょうか? その理由をこれから述べていきたいと思います。

先ず相手とぶつかりを生じる理由を述べておきます。ぶつかりが生じる理由は己の無意識レベルで反応が起こっているからなのです。下の図は手首を掴まれたときのそれぞれの力の出方を現わしています。

手首を取に来ている人は赤の矢印の力を働かせます。すると無意識に手首を取られた人は紫の矢印の方に力を働かせてしまうのです。

この動作がわずかにでも起こると、結果としてわずかなぶつかりの初期段階が形成されます。すると手首を取られている人がこの時点でどこに手を移動しようとしても相手に逆らわれてしまうのです。

ではダラーンとして完全に脱力してみたらどうでしょう。確かにぶつかりはなくなりますが、そうすると相手の意のままになってしまいます。では一瞬完全に脱力してから動かしてみたらどうでしょう。動かそうとした瞬間に相手に読まれ動きが止められてしまうのではないでしょうか?

合わせるとは?!

動けば止められ、力を抜けば相手の意のままにされる。ではどうすれば良いのかというと、そこで合わせるという技術が出てくるのです。合わせるというのは単に腑抜けのように自分の力を抜くというものではありません。

相手の力を読みそれに乗って相手を不利な状態に持っていくことをいいます。ですから導くと表現する人もいます。実は合気道では脱力というのはこの合わせることを意味している言葉でもあるのです。それを図に示すと次のようになります

なお導くというと間違えて引っ張ると思っている方がいらっしゃいますが、あくまでも相手に持たれている接点で感じている感覚が変化してはいけません。変化があると必ず相手はこちらの動きを読んでしまいます。接点に変化がないように相手の動きに合わせて導くのです。そうすると脱力感が自分の中に現れます。

さらに「相手が押して来ない場合はどうするのか?」という質問が来るかもしれません。そのヒントは事項にありますのでご覧ください。ヒントは円運動で導くことです。

上手く合わせられない理由!

ところが上記のように相手の力を導くように行っても実際は上手くいきません。それは何故でしょうか?

それは相手の体の構造を無視しているからです。人間はご存じのように関節でできています。ですから、関節の可動範囲と違う動きをした時点でぶつかりができるのです。それが相手とぶつかる2つ目の理由です。

ですから相手の力に乗って合わせるためには、相手の関節がどのように動くかを理解しておく必要があります。そして下図のように相手の可動範囲を円軌道を描くように導いてあげる必要があるのです。特に大切な点は飽くまでも円軌道というのは相手の関節の固定点を基準に円軌道を描くということで、自分が勝手に円軌道を描くのではないという点に注意してください。相手が移動しているときは導く己の動きは円には決してなりません。

合わせを使ってもぶつかる時は?!

以上の要点に注意していざ技をかけてみるとやはり相手の力とぶつかる人がいます。それは心理的な円の方向と実際の円の方向とが異なるからです。

相手に技をかけたいという気持ちが相手とぶつかるという現象を生んでいます。『相手を倒そう』という気持ちによって自分の力が相手側に向いてしまい相手とぶつかるという現象を起こすのです(下図参照:相手の力(青)と自分が向かおうとする方向(赤)の力がぶつかるため)

ところが関節の固定点からすると実はもっと外に円運動をする必要があるのです。そして上手く円運動が起こると、それに連動して腕だけではなく他の部位も動いてしまいます。これは生理学的な現象ですので、相手は気づかない間にバランスが狂っていて力が入りにくい状態となっています。それにより相手を導くことができるようになるのです(下図:導かれた相手は実際の位置よりずれる)

それでもぶつかりが出る場合は?!

以上が力の要らない技ができる理由です。 なお今回の記事を読んでもなおぶつかりが生じる場合の多くは持たれた手首を見ていることが多いです。いくら体で相手への情報を遮断していても目で知らせていては意味がありません。決して接点は見てはいけません。

さらには、目を意識してもそれでもなおぶつかる人がいます。その原因は何かというと相手の力と合わせていないためです。多くは手首でぶつかりが生じています。それは数十グラムのぶつかりでも問題となります。ぶつかりが出た時点でこちらの変動は相手が読めるものとなるからです。それを注意してください。そこでもう一度「体の段階での大前提」の注意事項をあげておきます。

・目付け
・接点
  柔らかく当たらない
  相手の力に合わせて導く
  接点は相手の関節の固定点を中心に円運動

次回はもう少し体の段階について深掘りしていきます。ここまでお読みいただいた読者の方本当にありがとうございました。 もし記事がお役に立てたと思われたらぜひ下記のブログ村への投票をお願いします。

もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【体の段階】合わせとは!前編

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、故・井口師範が指導した合気道は5つの段階を通って学ぶということを今までお話しました。それは形(かた)・体(たい)・気(き)・意(い)・神(しん)とあるということでした。そして形の段階は合気道で行う形を素直に学んで覚える段階で、体の段階は自分がどう動くと相手にどう影響がでるかということと相手をどう導くと相手がどう動くかという2点を体レベルで覚えるまで行うということでした。

さらに、体の段階で大切なのはその大前提をしっかり意識して行うことだということをお話しました。その大前提とは「相手にこちらの意図を察知されない」 です。要するにこちらがしようとすることを相手に読まれてはいけません。

前回は相手に察知されない最も大切なこととして目をあげました。今回は「接触点」ということをお話しします。今回の内容では「脱力の本当の意味」と「それは誰でも可能である」ということを納得していただける記事にするつもりです。さらに言えば「合わせる」とは何か?を説明したいと思います。

このブログで分かること

1.相手と接点を持つ大切さ
2.脱力や合わせや導きの意味
3.人の動作の仕組みと欠点を利用すること

目次

結局合気道では接触が大切
合わせの重要性
合わせの大切なポイント
人の動作とは一種のプログラム
強く捕まれたときどうなんているか?
相手の安定状態に対する対策

合気道では接触が大切

合気道の形稽古では高段者の技を除いては必ず相手に触れることを大切にします。ともすれば気で投げると言って触れずに投げることが合気道の最終目的のように誤解されている方もいらっしゃいますが、気で投げるというのはどちらかというと心理学的な技術なので万人に効く技術ではありません。

ちなみにプロ格闘家といえば、格闘技の申し子のような天才たちです。もし触れずに気だけで相手を完全に制することができるなら必ず天才であるプロ格闘家の中からそのような人物が現れるはずですが、そのような人物は一人もいないのです。こういう事実からも気だけであらゆる相手を制することができるというのはあり得ないわけです。

ですから合気道をかじって気を稽古したからといってもプロ格闘家の練習量の比ではありません。ですから我々合気道修行者もこの点を鑑みて良識ある態度で稽古に臨まなければなりません。もし護身術として合気道を考えておられるなら、漫画のかめはめ波のような 気という万能のエネルギーにあこがれるのではなく、地道に相手と接触することを考えて稽古に励む方が効率的だと思います。

ちなみに合気道にはかめはめ波のような技術として「遠当て」という当身が存在しますが、これは相対した相手の特定の状況において心理学的アプローチと生理学的アプローチを同時に行う技術で、かめはめ波のように物理的衝撃を与えるものではありませんし万能でもありません。あくまでも単なる技術の一つにしかすぎません。

合気道はやはり相手に触れることによって相手と和合する技術を学ぶものなのです。

合わせの重要性

合気道では相手に触れるということが如何に大切かという話をしましたが、次にこの触れている点である接点について述べてみましょう。

接点ですが相手と自分を分ける境界点ではないということを理解する必要があります。接点は相手の情報を受け取る点であり、合気道でとても大切な物理的に合わせを行える非常に大切な点です。

そこで合わせとは何かというと、相手の力の方向を読みそれに合わせることで相手とのぶつかりを消滅させる技術です。これにより脱力感が得られます。

何故ぶつかりを消滅させる必要があるのかというと、ぶつかりが出来た時点で相手はこちらの行おうとすることが事前にキャッチできてしまうからです。そうなると腕力が強い方が勝つという単なる力対力の勝負となってしまいます。

合わせの大切なポイント

合わせにおいて最も大切なのがその接触点がソフトであるということです。多くの方はこれを脱力と呼びますが、当会では敢えて「ソフトな接触点」といい「ぶつかりの無い状況を作る」と説明します。

何故なら脱力というと「全く力を抜くこと」「筋肉を使わないこと」と腑抜け状態のこととと勘違いされている方がいるからです。腕を動かすには必ず筋肉が働いていないといけません。特に体の段階では「体は骨と筋肉を使って関節で動く」ということを肝に銘じておかなければなりません。

それを前提に「如何に効率的に相手を動かすか?」ということを実現する必要があるのです。そのために、先ずは「ぶつからない状態」というのは物理的に可能だということを理解していただく必要があります。

それからもう一点大切なポイントですが、運動生理学的な理由から、相手がこちらの動きが読めないときこちらの動きに反応するのに0.5秒かかるという点です。これを反応速度といいますが、これがあるために合気道では相手を投げることができるのです。

こういったことで相手に事前にこちらの動きを察知されないためにも相手とのぶつかりがない状態にしておく必要があります。

人の動作とは一種のプログラム

人の体はご存じのように関節部で骨が折れ曲がるようにできています。それを筋肉でコントロールしているわけですが、このコントロールは伸ばすか縮めるかのどちらか一方で行っています。

また人は同時に様々な筋肉をコントロールするということができませんので、ある目的を持った一連の動きをプログラムとして自動的に発動しています。プログラムだと言うと「人間はロボットじゃない!」と嫌う方もいらっしゃいますので「身につけている」と言い換えるとご理解いただけると思います。

一つの動作というのは「意識」と「一連の筋肉動作」の合わせたものとして身につけているのです。ですから一つの動作には「想定」があり、その「想定」に従って体を動かしているのです。

例えば、片手取りの形というのは相手の手首を掴むという一つの動作な訳です。片手取りを行う人は必ず相手の手首を掴むという想定の元で相手の手首を掴みに行くわけです。

強くつかまれたときどうなっているか?

通常の合気道の形稽古では 相手の手をがっちりと本気でつかむことがありません。これは本気でつかむと 技がかからなくなるため形稽古ができないからです。前項では相手の状態について述べましたが、ここではがっちりと強くつかまれた場合お互いの応対についてもう少し見ていきましょう。

そのために受けの人が本気でがっちりと相手の手首を掴む場合を想定します。その場合、通常人間の反応として受けの人(掴む側の人)は最も安定した位置で相手の手首を掴もうします。

しかも相手はこちらが相手を支えることを前提に持ちに来ますので、こちらもつい無意識に相手の力に対抗して持たせいる状態になっています。これによりぶつかりができ、相手がより安定するため、こちらの腕力が相手の腕力を凌駕していなければ 相手の腕を動かすのは当然不可能となってしまいます。

さらに、相手がこの安定した状態になり、こちらが相手を支えているぶつかった状態からは脱力が非常に出来にくい状態になっているのです。だから多くの人が「脱力は難しい」と言われるゆえんです。

相手の安定状態に対する対策

ではこの状態から抜け出す方法があるのでしょうか? その前に一つご質問をしたいと思います。相手が安定している状態から力を入れるということを何故するのか? どうして相手の優位な点から出発する必要があるのでしょうか?という2点です。

といいますのは、実はこの質問に盲点が隠れています。何故なら、相手の安定点よりも少し外(一寸/3cm)に誘導すると相手の力が有効にならない場所があるからです。さらに言えば相手の力に乗ってそこに誘導すれば簡単に相手をコントロールすることが出来る点があるわけです。

このように相手の力の入らない範囲に相手を誘導するのも実は合気道では「合わせる」といいます。「合わせる」というのは持たれたのぶつかりを失くすだけではなく、相手が加える力の方向に合わせて動き相手が気づかない内に安定している場所からずらすということも入っているのです。

そのため合わすというのが非常に難しいと思われているわけです。ぶっちゃけ合わせるには
・相手とぶつからない状態にする
・相手の力の入らない位置に誘導する
という2段階の動作を行う必要があるということです。

ですから筋力を使うという点では、筋肉を全く使っていないのではなく、相手の力に合わせて筋肉を使っているので当然ぶつかり感がありません。本当に脱力した腑抜け状態ではないという点が「合わせ」の大切なポイントです。

要は本当に力を抜いているのではなく触れた部分がぶつからない状態で脱力しているような感覚があるというだけです。これが所謂「脱力」の正体で腑抜けになるということではありません。

今回は「相手に悟らせない」ために相手との接触点の扱い方である「合わせる」という点についてご説明しました。次回はこの「合わせる」というのをさらに詳しく深掘りしていきたいと思います。

もし記事がお役に立てたと思われたらぜひ下記のブログ村への投票をお願いします。ここまでお読みいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【体の段階】目の使い方

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、合気道は5つの段階を通って学ぶということを今までお話しました。それは形(かた)・体(たい)・気(き)・意(い)・神(しん)とあるということでした。そして形の段階は合気道で行う形を素直に学んで覚える段階で、体の段階は自分がどう動くと相手にどう影響がでるかということと相手をどう導くと相手がどう動くかという2点を体レベルで覚えるまで行うということでした。

さらに、形の段階で大切なのはその大前提をしっかり意識して行うことだということをお話しました。その大前提とは「相手にこちらの意図を察知されない」 です。要するにこちらがしようとすることを相手に読まれてはいけません。

今回は、相手に察知されないために最も大切なお話をしたいと思います。それは目の使い方です。というと「何だそんなことか。当たり前じゃん」と多くの人が思います。

ところが気が付かないかもしれませんが案外と目に気を配っていないことが多いのです。

例えば、四方投げをするとき相手の手首を見てつかんだり、横面打ちを受けるとき相手の手刀をじっと見たりと、自分の意図がもれもれになっちゃうんですね。

合気道は形稽古を行いますから、例えば横面打ちの技なら100%相手は横面打ちをしてくることが決まっています。すると気を許してつい横面打ちでの手刀を見てしまうのです。そういうことを繰り返している内に相手の手刀を見る癖がついてしまうんですね。

ここまで来ると中なか癖が抜けなくなります。ですから相手の手刀の方に視線をもっていかないということを身につける必要があります。

「相手の手刀を見ずに受ける?」ってそんなことできるの?と疑問を持たれた人もいるかもしれませんが、見ないのではなく視線を移動しないのです。そして実は人間の目はそういった機能があるんです。

具体的にいうと、人間の目には視野といいうものがあり、しかも2種類あるんです。1つは中心視野、もう一つは周辺視野というものです。中心視野というのは、視線の中央部に集まっていてピントを合わせて詳細を観察するための部分のことを言います。周辺視野というのは動体を検知するものです。この周辺視野で相手を観察し中心視野を使わず技を行うわけです。

これは草食動物を例にとると分かりやすいと思います。草食動物は草と石とを区別するためには中心視野で観察しながら草だけを食べると同時に周辺視野で肉食獣などの敵が近づかないかを判断する必要があります。肉食獣の遠くにいるわずかな動きでも察知できれば逃げて命を守ることができるのです。ですからそのような機能を周辺視野が持っているわけです。

それで何を言いたいかというと、武道ではこの周辺視野を使って相手の動きを判断する訓練が必要だということです。そうすることで視線を動かさなくても相手の動きを読むことができます。

視線が動かないと、相手はこちらの意図を目から読み取ることができなくなるのです。このように周辺視野が使えるようになって初めて体の段階での前提条件の一つがクリアされます。

ですから皆さんも眼球を動かさず周辺視野で相手をとらえられるよう形稽古を行ってください。それによって相手はこちらの意図が読めなくなります。これが体の段階の第一歩になるわけです。

次回は、体の段階の大前提を満足するためのもう一つのポイントについてお話しします。

もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【体の段階】骨の技術を学ぶ前提

皆さん、お元気ですか? 僕はめちゃくちゃ元気です。

さて、今回から合気道の師匠・井口師範から教わった「合気道の習得の5つの段階」を細かく説明していこうと思います。ただし、誤解されるのをさけるために、護身術として合気道を使うという前提でのお話になります。ですから合気道に対して僕とは違った取り組みをされている方には不本意な内容になるかもしれません。そういった方は自分の目的にあったブログをお探しいただけると幸いです。

そこで、まずは第1段階の「形(かた)の段階」から第2段階の「体(たい)の段階」をざっと説明します。特に今後は体の段階の中について深掘り下げていくために、合気道を護身術にフォーカスしたときの最も重要な前提についてお話ししていこうと思います。

まず、合気道の習得の5つの段階の第一段階の「形の段階」から説明させていただきます。といっても合気道の基本は二人で形稽古を行うことにありますから、今更の話なので、そんなこと当たり前じゃんと思われるかもしれませんね。

しかし、護身術という点でとらえたとき、大切なのは飽くまでも「形」は稽古の第一段階にすぎないということを理解していただくため敢えて書かせていただきました。といいますのは、僕にも経験があるのですが、形を行っているとどしても形にこだわりが出てきます。「綺麗に演武したい」「完璧な形を覚えたい」「どれが本当の正しい形なのか?」など考えてしまっても何も不思議ではありません。

ところが合気道の井口師範は「合気道の技は一期一会。相手が違えばタイミングも違う。一つの技でも千差万別。その都度その都度全て違うのが本当の合気道の技」と言われました。要するに「合気道の形にはこれが完璧であるという唯一のフォームは存在しない」と言うことです。

では、唯一無二のフォームを追求するのではないとなると「何を追求すれば良いのでしょうか?」と疑問が湧いて来ます。その答えが「体の段階」にあるのです。

体の段階とは、簡単に言えば「自分がどのような動きをすれば相手に影響が出るか? 相手をどのように導けば良いか?」ということを追求する段階であり身に着ける段階であると言えます。要するに身体操作というものも必要になってくるのです。

ところで、この体の段階に入るさいに最も大切な前提があります。合気道の開祖・植芝盛平翁先生の逸話をよく耳にしますが、「訳もわからないうちに倒されていた」と翁先生の技を直接経験さらた方の多くはおっしゃいます。このように「訳がわからないうちに」ということが何故起こるのでしょうか? 要するに、技を受ける人が翁先生がどのように技をかけてくるかが全く読めなかったという点にあるのではないでしょうか? だから翁先生の動きが読めず対抗することができなかったのですね。

ということは私たち修行者は「相手にこちらの意図が察知されない」ということを大前提する必要があるということじゃないでしょうか?

この大前提「相手にこちらの意図を察知されない」ということをベースに技を構築していく必要があるということです。要するに形の次の段階ではこのことを常に前提として研鑽する必要があるということです。そうでないと、合気道の技を護身術としては使えなくなってしまいます。

今回は合気道を護身術として使う場合に限って「体」の段階での大前提をお話しました。

なお、本稿は、形のみを研鑽されて美しい形を目指しておられる方々を批判したものではありません。受け取りの2人が調和して美しさを追求される方々の体の表現は芸術としてすばらしいものがあります。そういった芸術を否定しているわけではありません。飽くまでも護身術という点で述べたものですのでお気を悪くされないでください。

次回は、この大前提「相手にこちらの意図を察知されない」という点からどのように体の段階を稽古していくのかという点について述べたいと思います。

もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【合気道習得の5つの段階】

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、かなり長い間ブログを書いていませんでしたが、如何おすごしでしたでしょうか? 僕にはこの間いろいろな学びがありました。特に「超瞑想」というものを学ぶことで今まで理解できなかったことが理解できるようになりました。

具体的にいいますと、僕の合気道の師匠である井口先生にお教えいただいた「合気道習得の5つの段階」について非常に曖昧で人にはご説明できるようなものではなかったのです。そこで今回はその説明をしたいと思います。

【合気道習得の5つの段階】

僕の合気道の師匠・井口師範は合気道の習得には以下の5つの段階があると言われました。

①形(かた)の段階
②体(たい)の段階
③気(き)の段階
④意(い)の段階
⑤神(しん)の段階

形の段階
合気道の稽古は基本的には二人で形稽古を行うのが普通です。ですからこの形をまずは覚える必要があるのは誰でもわかる事です。この段階は合気道をある程度の期間学べば誰でもできる段階です。

体の段階
合気道で形を覚えたら次に行う必要があるのがこの体の段階です。この段階では、自分がどう動くと相手にどのような影響がでるか? 相手をどのように導くと崩すことができるのか?ということを学びそれを深め体に覚えさせるです。当会では骨の技術と皮膚の技術として指導しております。

気の段階
体の段階で「自分の体の動きが相手にどう影響をあたるか?」「相手にどのように導くと相手が崩れるか?」ということを繰り返しているうちに、力(運動エネルギー)をどのように起こし、どのように伝えるかが体で分かってきます。すると、これにより「気の流れ」が分かってきます。それが気の段階です。

意の段階
井口師範は「気は意に従う」とおっしゃいました。意、要するにこころによって気をコントロールする段階です。意を持つだけで気が流れるようになる段階です。実は僕は気の段階と意の段階の違いが判らなかったのです。その明確な違いが僕には理解できなかったのです。ですから、知らないことは教えるわけにはいかないと指導でもブログでも一切述べてなかったわけです。ところが2021年11月にYokoグランサーニュ先生の主催する「超瞑想」を学ぶことになり、そこで明確な違いをお教えいただきました。それで初めて「気」の段階と「意」の段階の違いが明確になったわけです。それにより会員に示すことができるようになりました。そしてこれを会員の方々にお伝えすると、すぐにも「体」「気」「意」の明確な違いが分かりだし、技の理解が急速に深まりました。この意の段階が分かると以下4つの段階が分かるようになるので、それぞれの会員の方の自分の技における位置というのが明確になったのです。

神の段階
神と書いてシンと読みます。意で行うというところにもまだ限界があります。意が読まれると相手に悟られるからです。意の段階を行っていると、動けば即合気といえる段階になり、体が勝手に最善に反応して相手に技をかける段階です。タオイズムでいう「無為自然」の状態となります。

以上が合気道習得の5つの段階です。これだけ段階があるということを知っておくと、「もっと完璧に技をおこなわなければ」「もっと美しく技をおこなわなければ」など形にのみ意識をとらわれることなく、先を目指して進むことができると思います。

この5つの段階というのは合気道だけではないと思います。ほとんど全ての学びについて言えるのではないでしょうか?

私たちが何かを習得する場合、この5つの段階を通過します。ですから自分がどの位置にいるかというのがとても大切で他の学びをされている方にもご参考になるのではないかと思います。

私たちはつい目に見える部分だけをみて、それで判断しますが、それは飽くまでも形の段階でのことです。もっともっと先に進みたいものです。

もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【アメリカ大統領選とメディア】

皆さん、お元気ですか? 僕はとても元気です。

長い間、ブログが書けませんでしたが、ようやくブログにアクセスできるようになったので、書いてみたいと思います。

このブログはレンタルサーバーを借りて書いているのに、ブログに何故かアクセスができなくなったりしています。サーバーの会社に問い合わせをしても、問題がないといわれるので原因が不明です。

これは、3月ごろにディープステートの記事を書いて以来、頻繁に起こっています。ディープステートというのは都市伝説として扱われる類のものですが、世界を陰で支配している人たちのことです。

その記事自体は、アップした時点で、サーバーからも削除されてしまっています。その後1か月はサーバーにアクセスできなかったので、暗に、その内容を書くと、今度はただでは済まないという脅しのメッセージだと考えられます。

ただ、こういうことがあると、世界を陰で支配しているグループが確かにあるということをひしひしと実感しています。

前置きが長くなりましたが、今、日本ではアメリカ大統領選でバイデン候補が当選したと大々的に報道されていますが、実際、アメリカでは、まだ大統領が決まったということではありません。

というのは、トランプ大統領は、反ディープステート側の人間で、ディープステートがトランプを排除しようとしているため、大手メディアはこぞってトランプの敗退を宣伝しているのです。

トランプ大統領は、アメリカからディープステートを追い出すために大統領になったため、今回、様々な仕掛けを使って今回の選挙に臨んでいるという情報があります。

本来はFacebookにこの内容を書きたいのですが、FacebookなどSNSは、殆どディープステートに支配されているため、アカウントが停止されるため、今回ここでこの記事を書いています。

私が、説明するよりよい動画がありましたので紹介しておきます。 国際政治学者 の藤井厳喜氏の話です。

南北戦争以来の危機】大衆の生活、信教の自由、民主主義…今、トランプが守っているものは上げても上げてもキリがないです.

これが、現状のアメリカです。日本では一切報道されませんが、地位も名誉もあり、アメリカでも数少ない軍事裁判の弁護士でもある敏腕弁護士シドニー・パウエル氏が、先日、不正選挙があったとして、多くの証拠を添えて告訴しました。

この告訴に対して、大手メディアは、誤字だらけで、証拠すらないと報道しましたが、科学的証拠、人的証拠など添えたうえ、自己のホームページにも告訴状を載せました。

ところが、Twitterなど大手SNSでは、そのリンクをコピーしたものを投稿しようとすると、それを拒否するようにしました。

こういった事実からも、ディープステートは明らかに一般の目から、不都合なことをそらそうとしているのがわかると思います。こういった実績ある弁護士が、弁護士生命をかけて、不正選挙に挑む姿は本当に素晴らしいと思います。

合気道と護身と健康を考えるブログ