【気を出さない?】

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、今回も「気」の話です。


気を出すな!

「気を出したらあかん!」

あるときの稽古で、正面打ち一教という技をしているとき、突然、師匠から言われました。

「?」

僕は、意味が不明で動きが止まってしまいました。

なぜなら、合気道は「気を出して行うもの」と思っていたからです。

書店で手に入るどの本を見ても、「気を出す」ことは書いていても、「気を出さない」ことについては書いているものはありません。

僕の頭の中は非常に混乱していました。

「気を出してから技に移るから、相手に読まれるんや。ああしよう、こうしようという気を出すと負けや!」
と、師匠はおっしゃいました。

「兆し(きざし)というのは、気が差すこと。気を出したら兆しがでるから、相手はこちらが何をやろうとしているのかわかるんや。相手に教えてやっているようなもんや」
と、師匠は解説してくれました。

そのときは、僕は、なるほどと、納得したものの、言うは易し、行いは難しというように、実際は「気を出さない」というやり方は全く見当がつかなかったものです。


「気を出すな!」の答え

合気道の開祖のお言葉に次のものがあります。

 相手の目を見てはいけない。目に心を吸収されてしまう。
相手の剣を見てはいけない、剣に気が把われてしまう。
相手を見てはいけない、相手の気を吸収してしまうからだ。
真の武とは相手の全貌を吸収してしまう引力の練磨である。
だから私はこのまま立っとればいいんじゃ

ここに、師匠のいう「気を出すな」の答えがあったのです。

人は行動を起こす際に、わずかな気を出します。それは、武道では殺気とか闘気とかいわれたりします。また、やる気とも言えます。

これが開祖もよくないと言っているのです。意識をどこか一か所に固定すると、そこに気が行ってしまいます。

すると、他の場所がおろそかになります。一対一の格闘技などでは、相手の目を見ていてもよいのですが、合気道は多人数を相手にすることも考慮しているので、一人に拘っていると、他がおろそかになります。

そのため、意識を全体に張り詰めて、周りに向けて放射状に発散したなら、その状態を変えてはいけないわけです。

一度、そういった状態に入った人が、相手の目を見たなら、気は相手の目だけに行きます。

これが一対一の武道なら、それで十分です。なぜなら、相手も目を見て気を出してから、動きますので、相手の目を見ているとあらかじめ相手がどう動くかわかるからです。

しかし、合気道は多人数を目指した武道ですので、多人数の中の一人を相手にしているのではだめなのです。

ここに、井口師範の「気を出すな」という意図があった訳です。


もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【合気道での気の考え方】

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、今日から合気道でのわかりやすい「気」の考え方について話していきたいと思います。


気と気の現象面

武道では「気」を使って技を説明されることがあります。
武道の動作を気で説明されると、何だか分かった気になってしまいます。
ところが、実際にやってみると、そう上手くいきません。

その理由は、気と気で起こる現象とを同じものとして考えるからです。
実は、気と気で起こる現象にははっきりとした違いがあります。

僕は合気道の師匠からは「気」のみで技を学びましたが、感覚的で非常に分かりにくかった覚えがあります。

ところが、修行をしている中、師匠の「気」の技には、現象面として、次の 4つのカテゴリーに分けられることがわかりました

  • 物理的な作用をする技
  • 生理学的な作用をする技
  • 心理学的な作用をする技
  • 不可解な技(超能力)

合気道の気は自然と一つ

「合気道は自然でなければならない。自然と一体になり、自然を味方につけないといけない」と、師匠はおっしゃいました。

物理は自然を数学を用いて研究した学問です。つまり、物理の法則を無視した気の技は合気道では不自然ということになります。

要するに、気の技の作用面を研究すると、物理の法則だけでなく、生理学的反応や心理学的反応なども巧みに利用していることが分かります。

さらには、師匠の高度な技には超能力的な部分も存在しています。しかし、この超能力に関する点に関しては、才能や環境がかなり関係があり、誰でもが使えるものではありません。

僕の師匠・井口師範は戦争経験者で、特に井口師範所属の和歌山の部隊は、全国の部隊の中でも特に激戦地で戦った部隊として有名ですので、そこから生還したという事実からも、そういった超能力的な感性が鍛えられていたとしても不思議ではありません。

一般的に、気というとこの超能力的な方面ばかりが強調されます。そこで、合気道修行者の中には、宗教や宗教の行を行う人がいます。

しかし、いくら修行をしても、才能がないとなかなか開花することは難しいと思います。なぜなら、宗教一つとってみても、それを専門に訓練している人でも、そういった能力を持った人はほんの一握りだけだからです。

このことは、超能力は如実に才能に左右されることを示しています。

武道を行うなら、まずは、誰でもアプローチできる現象面から行うほうが時間を有効に活用できるというものです。


もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【世界とつながろう!】

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、来る6月30日14時48分より20分間、世界一斉瞑想があります。合気道をしている人は是非皆と意識をつなぐ稽古のために参加してはどうかと思い、ブログの記事としました。

この瞑想の目的は、世界中が愛と平和となるアクエリアスの時代の到来を開くために行うものです。

世界平和は合気道の精神でもありますので、奮って参加されるとよいと思います。

この瞑想の詳細の紹介は次の動画を見てください。


瞑想の方法

1.自分なりのやりかたでリラックスした意識状態になります。


2.この瞑想の目的が、水瓶座の時代を開始する引き金を共同で設定する旨を表明します。


3.ソースからのバイオレットフレーム(明るい紫の炎)の筒を、瞑想中から終了後にかけて自分の周囲に立ち上げますこのバイオレットフレームに、光のためにならない全ての物事を変容させるように求めます


4.白く輝く光の柱が宇宙のセントラルサンから発せられて、次にこの宇宙の全ての銀河のセントラルサンにそれが分配される様子を可視化します。次に、この光が銀河のセントラルサンを通って私たちの銀河に入り、次に太陽系に入り太陽系内部の全ての光の生命体を通って、地球の全ての生命体と自分のカラダを通り、地球の中心まで届きます。


5.この光が地球に残存する闇のすべてを変容させて、すべての不平等と貧困を解消し、全人類に豊かさをもたらす様子を可視化します。惑星地球の全生命体を包み込む柔らかでピンク色の女神の光を可視化して、地球の生命体の感情体を癒す様子を可視化します。水瓶座の時代の大きな宇宙サイクルが新たに始まって、地球の全ての生命体に純粋な光と愛と幸福をもたらす様子を可視化します。

瞑想時間は20分が目安です。


もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【VAKタイプ】3

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、情報を得るのに人は五感を使っていますが、人によって五感のいずれかが優位になっていて、それを中心に情報を得ているという話を前回しました。

今回も引き続きその話をしたいと思います。

VAKは大脳の構造で分かれている

そのため、3つのタイプがあり、Vタイプが視覚タイプ、Aタイプが聴覚タイプ、Kタイプが体感覚タイプとなっています。

これは脳の構造に関係があります。大脳新皮質では、後頭葉に視覚野、側頭葉に聴覚野、頭頂葉に体性感覚野それぞれ別々に五感を感じるスポットがあり、脳でも情報の処理を行うところが異なるためです。

ですから、どの部分がよく発達しているかということで、得意とするものが異なる訳です。

ところで、このように脳の使われる分野が異なるということは、訓練次第では、それぞれの感覚を磨くこともできるということでもあります。

しかし、一般的に、日常よく使われる感覚というのは、最も得意とする感覚になりますので、訓練においては自分のタイプをよく見極め、それでいて、他の感覚を理解しつつ、置き換えていくというプロセスが大切です。


体感覚の訓練

基本的には、僕は聴覚タイプです。聴覚タイプの特徴は、論理思考にあります。要するに、原因と結果による順序が大切で、それを超えると頭が働かないことが時々起こっています。

ところが、合気道は、体感覚タイプの武道ですので、聴覚タイプの理論派の僕とでは非常に相性が悪いのです。

そのため、合気道の習得には困難を極めました。ただただ、師匠が熱心にご指導してくださったお陰で、僕は体感覚がかなり鍛えていただけました。

僕の経験からいいますと、体感覚の訓練は、合気道など気にかんする武道や気功法などを行うことで非常に感覚を磨くことができます。

視覚の訓練

僕は、子供のころから体が弱かったため、あまり出歩くことができず、家でできる事と言えば、本を読むことと絵を描くことでした。

そして、高校生の頃は、絵の本格的な通信教育を受けたことで、かなり視覚の訓練ができたようです。

そのため、インターネット上でのVAKタイプのテストを受けると視覚タイプになってしまうぐらいです。

このように、目に見えるものを、紙に映すという作業が非常に視覚を敏感にすることがわかります。

聴覚の訓練

聴覚の訓練と言っても、音を聞くのと少し違います。音を聞くにしても、視覚タイプの人はどうしても音を視覚に置き換えるようなことをしたり、体感覚の人は体でリズムを取り体感覚に置き換えたりしてしまいますので注意が必要です。

ですから、ここでは論理思考の訓練が必要です。そのため、哲学的な本や宗教の理論書などから、スポーツ科学など論理的に考えるような書物を読むことをお薦めします。


このように他の感覚の特性を知ることで、他の人を理解することができます。合気道の合わせとは、相手の理解なので、こういった自分の苦手とするものにチャレンジしてはどうでしょうか?


もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【タイプ別武道の習得法】K

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、VAKタイプのお話しをしておりますが、今回はKタイプについてです。

Kタイプについては、つい最近お話ししましたが、もう一度振り返ってみて、そこでKタイプの人に必要なことについて書いていきたいと思います。

Kタイプ

Kタイプは体感覚タイプの人です。意識が常に、体感覚に向かっているため、目線は比較的下に向いています。

この人の特徴は、デザインより、肌触りを重視する傾向があり、服などは着心地を一番重視します。

このタイプの人は、動きやすさから、トレーニングウェアの類を日常の衣服に選ぶ傾向があります。

また自分に手を当てたり、体に触れながら話したりする特長があり、触れられることに非常に敏感です。

日常の体の動きはユックリですが、スポーツなど身体活動を行う際は、きびきびと非常にバランスの取れた動きをします。

また、体感覚中心にスポーツなどを覚えているため、「理屈じゃなく先ず体を使え」と人にいったりし、「脳筋」と呼ばれる人もほぼこのタイプに属します。

このタイプが強い人は、とにかく理屈で覚えることが苦手で、数学、物理というと、「日常には何の役に立たないもの」と信念を持っている人もいるぐらいです。

そういった人の中には、本を読んで理解するということも嫌う傾向がある人もいます。

この人の長所は、人の動きや身体活動を「気」で感じ、「気」で再現するということを自然とできるところにあります。

ですから、同じタイプの優れた指導者が見つかると、誰よりもその指導者に近い技術を身に付けることができます。このタイプの人はそのため、指導者を徹底的に選ぶ必要があります。

自分に限界を感じたら、もっと高い技術を持った指導者につくことです。

ただし、このタイプの人で自分が指導者になろうとする人は、殆どの人が自分を理解できないということを認識しておく必要があります。

例えば、野球の長嶋茂雄さんは非常に説明が分かりにくいということで有名です。しかし、同タイプのゴジラこと松井選手は安易に理解したと言われています。

そのため、このタイプの人は、人に理解できるように指導するためには論理思考の訓練が必要で、よく本を読むことをお薦めします。


もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【タイプ別武道の習得法】A

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、前回VAKタイプの内、Vタイプを説明しました。今回はAタイプについて説明したいと思います。

Aタイプ

Aタイプは聴覚タイプと呼ばれるものです。情報を音声情報として取り入れるのが得意です。

目線は中間で左右に良く動かし、声の調子や言葉に反応しやすい傾向を持ちます。

また言葉での理解が他のタイプに比べ深いという特長があり、よく独り言をいうのもこのタイプの特徴です。

ただし、このタイプでは、言葉にこだわりが強すぎる人が時々いて、論理的思考にこだわりがあり、A→B→C→Dというように、視覚タイプによくある、論理的な順序が飛んだA→Dというような思考に時々ついていけず、意味が理解できないことがよく起こります。

この人の身体動作に対する捉え方も、順序を重視し、理論的に理解してからでないと動きにくいという傾向もあります。

ですから、このタイプの人が武道を行う場合は、きっちりと理論を述べられる師匠に付く必要があります。

このタイプの人は納得できないと、体感覚に持っていけないので、「気」という概念に対して、非常に相性が悪いタイプでもあります。

しかし、情報が氾濫している現在、様々なタイプの人が本を出していますので、自分に合ったタイプの人の本など参考にして、身体の動かし方を理解するとよいでしょう。

聴覚タイプの人は、一度技を理解したなら、再現性が非常に高くなるため、自信をもって技ができます。

また、技が分かると、自分の技の欠点も理解できるため、次の対策など考えることもできます。

短期的には、一番身体操作に向いていないようにおもわれますが、長期的には確実に身体の操作ができるタイプですので、解剖学や物理学などを参考に、効率的な身体の動かし方を研究するとよいでしょう。


もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【タイプ別武道の習得法】V

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、前回、VAKタイプについて少し触れましたが、今回はもう少し詳しく説明していきましょう。


VAKタイプ

前回、Kタイプの人は気の感覚が抜きんでていて、気など意識せずに自然と気を使っている人が多くいるという話をしました。

そして、タイプには3つのタイプがあり、気を感覚で感じる才能を持っている人というのは、人口の割合からすると3分の1ということになります。

そういった人は、別に気を学ばなくても自然とできちゃうからよいのですが、他のタイプの人は、身体を操作する気の感覚を養う必要があります。

ところが、自分のタイプがどのタイプか分からないと、自分に合った稽古方法すら見つけられないということになってしまいます。

そこでそれぞれのタイプの特徴をこれから3回に分けて列記したいと思います。

【Vタイプ】

視覚タイプです。VはヴィジュアルのVです。このタイプの人の特徴は、情報を視覚中心にとらえることを得意としています。

外見から話しますと、身なりをきちんとしていて、オシャレで服装は色やデザインにこだわりがあったりします。また、話す速度が速く、話すときは身振り手振りが多いのも特徴です。動作についてはテンポも速いです。

長所は、判断が早く、イメージをするのが得意で、動作も早いです。

欠点は、見た目にこだわり、外見に心を動かされやすく、言葉で出される指示を覚えるのが苦手です。その結果、稽古では、「師範と全く同じように動いてくるんだけど……」という悩みを持ちます。

武道では、見えないマイクロムーブメントといえる非常に小さな動きが実は身体に起こっています。これは殆ど見えないもので、この動きこそが気の動きなのですが、当然、普通の人には見えません。ですから、このタイプの人もこれを見ることができません。

そのため、合気道では上記のような感想となります。そして、それを師匠に話すと、師匠は大抵Kタイプなので、「合気道は形やない、気や」と言われるのです。

僕は、次回詳しい事を述べますが、典型的なA(聴覚)タイプの人間ですので、以前、このVタイプの先輩に付いたとき、「完璧な形ができれば、どんな相手でも技にかかる」といわれたことがあります。

ところがその先輩は、日ごろは非常に綺麗な形を演武し素晴らしい技の持ち主のように見えるのですが、思い切りつかんでみると、ウンともスンとも動かすことができず、「合気道は力をいれては駄目です。柔らかく持たないといけません」と指導されました。

『しかし、暴漢は柔らかくつかんでくれないのですが……」と思った記憶があります。

このようにVタイプの人は見た目に非常こだわる傾向がありますが、指導者は、この人の指導には、マイクロムーブメントを大袈裟に示してやって、この動きが1ミリ単位ぐらいで起こっているということを納得させてあげる必要があります。

ですから、このタイプの人は、師範の人柄にもよりますが、大袈裟に動きを見せてもらうと分かりやすく、その微動を体内で起こすようになれれば、非常にきれいな動作で、効く技ができるようになります。


もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【気の感じる人】

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、今回は、合気道の気をどう感じるかということについて話していきたいと思います。


気を感じる人とそうでない人

実は、世の中には、気を感じる人と感じない人がいます。武道やスポーツをしている人の中には、気など全く信じていないにも関わらず、気を感じ、気を使っている人が非常にたくさんいます。

例えば、元巨人軍の監督で、現役当時は大スターだった長嶋茂雄さんは、元合気会の師範部長であり、心身統一合気道の創始者・故・藤平光一師範に、理屈も何もなく、生まれつき気が分かる人と言われた人でした。

長嶋茂雄さんと言えば、野球の解説を聞いても、かなりぶっ飛んでいるような話し方をされるということで有名ですが、ゴジラこと天才・松井秀喜選手はすぐに理解したと言われています。

長嶋さんにしても松井選手にしても、どちらも生まれつき気が分かる人だったということです。

一方、気が目に見える人もいます。「あなたの気の色は、薄い青です。さわやかなブルーです」という人です。

ところが、そのような気が見える人は、さぞや合気道が上手いのだろうと思ったら、案外そうでない人が多いです。

気が見えると気が感じるというのは、身体運動を伴うことにおいてはかなり違うようです。


科学が解く、気の分かる人、分からない人

NLPという心理学では、人を五感で3つのタイプに分ける分類法があります。

それは専門的にはVAK優先知覚タイプと言いますが、要は、人は外部の情報を自分の得意な五感に頼って知覚する傾向があり、そのタイプで、視覚(V)タイプ、聴覚(A)タイプ、体感覚(K)タイプの3つに分かれるということです。

NLPの分類上、長嶋さんや松井選手のように気が分かる人は、どうやら体感覚タイプの人のようです。

実は、僕の師匠の井口雅弘師範も体感覚タイプの人でした。師範の表現は常に感覚的で、体感覚タイプでない僕は非常に混乱したものでした。

「合気道の技は、この様にサーァーと動かなあかん」といわれ、
見た通り動いたつもりが、
「それはサーや。そうと違う」
と言われたときに、意味が分かりませんでした。

僕にとっては、「 サーァー 」「サー」も同じに聞こえましたが、この表現の違いが体感覚タイプの人には非常に大切なのです。

これを把握しているだけで、体感覚タイプの人の表現がどういったものかということが分かります。


にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村 

超能力者の気と普通の人の気

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

読者の方の中には、僕は超能力を否定していると思われているかもしれません。

別に僕は超能力を否定するのではなく、僕には超能力がないから使わないというのが正しいと思います。

今日はその点の話をしてみたいと思います。


超能力者の気

例えば、中国武術の本など見ると、超能力のような気の話が沢山でてきます。

例えば、少林寺武術の百歩神拳というのがありますが、相手から百歩離れたところから、相手と接触をせず、打撃を打ち出すことで相手を死に至らしめたり、強烈な打撃を与えたりする技術のようです。

僕は実際に見たことがないので、どのような技術なのかは分かりませんが、文献にあるぐらいですから、ドラゴンボールのかめはめ波に似た効果があるのでしょう。

ところで、少林武術のある技術書に載っていたのですが、少林寺の僧が、一指禅という修業の中で、数メートル離れたロウソクの火を前後、左右に動かす修業を十年やってようやくできるようになったという話が載っていました。

一指禅はもっと深いものがあり、心の力でそこまでできるというのは本当に素晴らしいことですが、それを単なる物理現象としてとらえた場合、 息を吹きかければ、誰でもローソクの火を前後左右に動かすことができます。

要するに、物理現象を心や気だけで起こすのは、非常に大変な修業が必要で、しかも才能に非常に左右されやすいですが、物理現象という点で考えれば、別の方法でもできるということです。

当会は、誰もが簡単にできる技術を目指していますので、こういった特殊なことは、特殊な能力がある人が、才能のある人に教えればよいと考えています。


普通の人の気

先ず、普通の人といういのは、サイコキネシスなどないのから普通の人なわけです。

そんな僕たち凡人ができる気の技というのはどのようなことかと言いますと、物理学、生理学、心理学などとともに共存できる気の使い方です。

合気道に関わらず、武道というのは、相手に物理的に影響を与える必要があります。

ですからいくら気が見えても、相手を倒すことはできません。やはり武道では物理的に相手を崩すということができないと意味がありません。

ですから、武道を行う場合は、物理的な現象に基づいて、気を感じる必要があるのです。

ところが、この気というのは、実は感じ易い人と感じにくい人がいます。

一般的な合気道では、この気を感じる人に合うように作られています。しかし、この気を感じる人は全人口の30%ぐらいの人しかいません。

しかも、才能がある人となると、その内の10%ぐらいということになるでしょうか? ですから全体からすると3%の狭い門となると思います。

3%といっても、ただ才能という点で見た場合です。しかし、科学的に考えることができれば、3%を99%まで上げることは可能です。


もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

【物理と気】

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、合気道といえば「気」の武道と呼ばれ、合気道の技、すべては「気」で行うのが本来の合気道と言われています。

今回から「気」について少し考えていきたいと思います

気は物理を超えない

ところが、「気」というのが、目には見えないと来ています。そんな目に見えないうえ、よくわからない「気」を使えというのだから合気道修行者もたまったものではありません。

そのため、さまざまな情報を、ネットや本やDVDなどから取り入れている人が多いと思います。

挙句の果てには、合気道のためにチャクラ開発とか走ったり、気功法に走ったり、宗教に走ったりといろんな人がいます。

実は、僕自身もその口なのですが、結局、いろんなことをしても合気道という点においては、師匠から教わったことを超えるものではありませんでした。

そして、行きついた結論は、「気」は物理を超えるものではないということです。

とはいっても、この物理世界も、量子力学から見ると物質面と情報面でできています。超ひも理論までいくと、結局は単なる振動という情報にすぎなくなるわけです。

「気」を使えば何でも可能という人がいます。確かに量子力学の観測者視点で考えるとそうかもしれないが、我々が住んでいる世界、要するに五感で感知できる世界はマクロな世界なので、いくら、観測者問題を取り出しても、古典物理の法則の方が強く作用している訳です。

ですから、いくら観測者視点に立とうとして、重力を無視しようとしても、無重力を作り出して空を飛ぼうとしても飛べるわけがありません。

こういうと、そんなことはない、真剣にそれを望めば誰でもできると、量子力学コーチのある人がいっていましたが、誰でもできるなら、世界中で空を自由に飛んでいる一般市民がどこかに住んでいてもおかしくありませんが、そういった話は聞きません。

そういった話題がでてきても、魔女とか、魔法使いとか、正体不明の人の話しで、単なる都市伝説の域をぬけません。

このような訳で、マクロな世界は飽くまでも物理の法則に従っていますから 、物理を無視して技を掛けるというのは、マクロな視点しか見えない我々には不可能なのです。


「気」は自然の法則に従う

そこで、僕たちは、もう少し物理の法則にしたがった技の掛け方を学ぶ必要があると思います。

僕の師匠・井口師範は、次のように言われました。
「合気道は自然が一番、自然とは必然的にそうなること、水が高いところから低いところに流れる。それが気の流れに従うということ。水が低いところから高いところにながれたら不自然。そんなもの合気道ではない」

要するに、「気」は自然の法則にしたがうということです。ですから、「気」を使う合気道では、自然の法則、宇宙の法則に従い、その中で「気」の流れを作って、「気」の流れに従う必要があります。

要は、物理法則も自然の法則なわけで、これを無視すること自体が不自然な技といえるわけです。

僕たちはこの物理の法則にも従った動きができる必要があるのです。

当会では、そういった物理的な側面を研究する技として、「骨の技術」と名付け、技を研究しています。

これは、物理的に強い骨格の使い方から始まり、運動エネルギーの起こし方・伝え方、相手のバランスの見方など研究するものです。

読者の皆さんも是非、物理法則に従った、自然な技とは何かを研究してみるのも良い事だと思います。


もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

 
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

合気道と護身と健康を考えるブログ