合わせの技術

当会で指導する合気道の秘伝である「合わせ」の技術について、少し説明したいと思います。当会で「合わせ」というのは、相手の力の方向と強さ、相手の動き、相手の心理の動きなどを利用する技術をさします。そして、「合わせ」とは、単に相手に合わせるだけにとどまらず、相手の動きに乗ってついにはリードしていく技術で、合気道の達人がいう「相手と一体になれ」という言葉を、技術に表現し直したものです。

当会で指導する合気道の秘伝の基本は次の4つで成り立っています。これは、本ブログで何度かお話したことですのが、とりあえず記載しておきますと、
①骨の技術
②皮膚の技術
③皮膚感覚の技術
④空間感覚の技術

そして、さらに②~④の秘伝の中に、さらに「合わせ」と呼ぶ技術があります。
種類に分けると次の3つに分かれます。
Ⅰ.皮膚の技術の合わせ
Ⅱ.皮膚感覚の技術の合わせ
Ⅲ.空間感覚の技術の合わせ

これを具体的に説明しますと、
Ⅰの皮膚の合わせでは、相手の力の方向を読んで、その方向に緩めるように合わせます。特徴として合わせが成立し、相手をリードできたとき、相手と自分の丹田がつながった感覚がでます。

Ⅱ皮膚感覚の合わせは、入り身で生じた運動エネルギーを相手に送りつつ、送り込む場所を常に変化させることによって相手を崩す合わせの技術です。感覚的には、相手の動きやあるいは圧力の生じる有効点のすぐ横に追従しつつ、リードするようなの合わせとなります。特徴としては、力感覚が殆ど感じられなく、相手の動きにのっていくような感じで、皮膚の技術の合わせと異なり、軽く相手と丹田でつながる感覚があります。

Ⅲの空間感覚の合わせは、相手が狙った場所を移動しつつも、相手の意識を離さないように、まるで、「馬の前につるしたニンジン」のようなイメージで相手を導く合わせです。特徴としては、皮膚感覚の物理的な相手の力に沿うという感じではなく、心理的な相手の圧力に沿うという感じで、捕り(術者)は相手の空間的な隙に入って行くような感覚を持ちつつ、丹田からイメージの棒が出ていて、相手とつながった感覚があり、受けは吸い込まれるような感覚を持ちます。

文章に書くと非常に分かりにくい表現になってしまって、多分わからない人の方が多いかもしれません。何となく感覚を掴んでくださればと思います。どの「合わせ」も、相手の力に沿う感覚と相手と丹田でつながった感覚とあり、慣れると「相手と一体」となる感覚が出てきます。

「相手と一体になる」とはよく達人レベルの方がおっしゃることですが、これは、才能に恵まれた特別な人だけがわかることで、わずかに才能がある人でも難しいものだと思います。ですから特別な才能の無い一般人では、この感覚に辿り着くのはほぼ不可能ではないでしょうか。

ですから、一般人は、「相手と一体になる」ということばだけでは、技の上達は見込めません。私の経験からすると、①~④の技術を理解し、Ⅰ~Ⅲの合わせの技術を理解し、全てを統合し、「相手との一体感」に持っていく方が時間が短縮でき、特別な才能のない人でも少なくともそこまではいけます。

時間の短縮ということですが、私の指導経験から、合気道歴10年以上の黒帯の方たちに、単に①と②の基本技術を伝授しただけでも、「私の○○年はなんだったんだろう」と、口をそろえておっしゃいました。しかも、これらの技術は、合気道をしている人なら一時間~数時間の個人指導でで分かります。ですから、全ての秘伝をあわせると、特別に才能の無い普通人なら20年以上は、近道ができるのではないかと思います。そこから、わずかに才能が有る人なら達人の道に進めるかもしれません。

ちなみに、私が指導した方々が自分の所属道場で座り技呼吸法で、この基礎技術を試されたら、その方々よりずっと長い人でも簡単にあしらえるようになったといっておりました。

少し話がそれましたが、当会では、4つの基本技術に沿った3つの合わせの技術を指導しております。ご興味が持たれた方は、一般稽古の無料体験にご参加ください。

なお、個人指導におきましても、20分~30分間技を体験していただいて、もしご興味があれば、その後、原理を有料の指導で行っております。ご興味をもたれた方は是非一度ご連絡ください。

お問合せ先は
http://kenkogoshin.tank.jp/contact.html

iQiPlus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です