【呼吸力】

合気道の呼吸力といえば、合気道の師範によってそれぞれ説明がかなり違います。
とくに日本最大団体の合気会ではそれが顕著なようです。

ですから、真剣に学ぶ修行者ほど、呼吸力に対して悩んでおられる方が多いのが現状でしょう。

私も、時々メールで質問が寄せられ、この前次のような質問がとどきました。
————————————————————
私の師範は
『死体を持ち上げようとしたら、簡単には持ち上がらない。
      だから死人のようにブラブラに力を抜けばよい』とか、
『息を吐け。そうすれば相手が倒れる』とか
よく言われます。

力を抜いて息を吐くと相手は本当に倒れるのでしょうか? 

またブラブラにしてどう相手を倒せばいいのでしょうか?
————————————————————

非常に失礼とは思いますが、
その師範の方は、呼吸力というのを理解していないと私は考えます。

「筋肉を使うな」と指導する指導者はかなり多いです。
しかし、手を動かすのに筋肉を一切使わないというのは
科学的にありえません。

私が井口師範から学んだ呼吸力は、そういうモノではありませんでした。

筋力差も凌駕する集中力だといわれ、
それによりかなりの筋力の差を埋めることができる力でした。
ただし、術者には、力感が全くなく脱力している感覚しかありません。
そういう意味で、呼吸力はやはり力ということばがぴったりきます。

ですから、井口師範が呼吸力を出すと、
絶対にかなわない強力な力としか思えないもので、
受けとしては、飛んでもない力をだされたとしか感じませんでした。

「力を抜く」というのは、気の研究会の藤平光一師範が、
合気会に在籍のころ言われていたことですが、
飽くまでも無駄な力を抜くことで、
筋肉を一切使わないことではありません。

そうご説明をさせていただくと、
「それは、ただの馬鹿力だ」と
思われるかもしれませんが、
今回用意した以下の映像を見てください。

これは、呼吸力をつけた女性がどれだけできるかを映像にしたものです。

体の大きさ、筋肉量の大きな違いをよく見ていただきたいと思います。
相手はボクシング経験のある筋肉質の男性です。
さらに、よくご覧いただきたいのは、雰囲気です。

合気道の演武の場合、受けをとる人が技を行う取りの人に遠慮して、効いているように行動しますが、
この動画は、演武ではなく、飽くまでも稽古風景ですから、そういった遠慮は一切入っていない本気というのが、
雰囲気からわかっていただけると思います。

是非、多くの女性合気道家には、呼吸力をつけていただき、
筋力に勝てるということを多くの人の前で実証していただきたいと思います。

iQiPlus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください