【情報の遮断】

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

護身術でもいえることですが、合気道で何よりも大切なことは、これから自分が行おうとすること、感情の変化などの自分の情報を相手に知らせないこと、即ち「情報の遮断」です。

相手がこちらが何をするか全く見当がつかないから、技が効くわけです。

特に護身術では、この情報遮断を上手く利用すると、ティシュペーパー一枚でも、護身に使えるアイテムに変わります。

ですから、合気道修行者だけでなく、護身を学ぶ人は僕は情報の遮断を稽古するべきだと思っています。

 


情報遮断されるとプロでも難しい

 

 

当会には、総合格闘技の元プロ選手をしていた人がいます。

この人は、子どものころから柔道をし、その後、極真空手、そしてメキシコでの総合格闘技と進んで行った人です。

そのため、様々な格闘技に関して精通しています。

実は、この百戦錬磨の元プロ格闘家は、形稽古の際、当会の二段の女性会員と行うのが非常に苦手です。

というのは、この女性会員は攻撃の際に、ワザと情報の遮断をしている訳じゃないのだけれど、何故か無意識で情報遮断をやってしまうのからなのです。

このことからもわかると思いますが、格闘のプロですら、攻撃の際は「攻撃の意図」を出してから攻撃しているということが分かります。

ですから、情報遮断というのは、合気道独自かもしれません。

 


形稽古は情報遮断の稽古

 

 

形稽古の基本は、受けと取りを決めて行い、決められた攻撃パターンで攻撃し、決められた技をかけるというものです。

合気道は基本的には形稽古だけを行います。

ちなみに、合気道の方稽古での受けとは、技をかけられる側です。

合気道では、例えば正面打ち四方投げというように、受けの人が取りの人に何らかの攻撃パターンの内の決められた一つのパターンを仕掛け、それを取りの人がこれまた決められた技をかけます。

さらに基本的ルールとして、受けの人は取りに対して情報を遮断せずに決められた攻撃パターンをすることも大切です。

というのは、一般的な武道や格闘技のおける通常の攻撃では、ターゲットに向けて攻撃するというこころが起こった時点で、気が出てまいす。

多くの武道・格闘技では、その気を判断して、次の動作が行われるわけです。

このよう形においては、基本は相手の気を読む稽古も含まれているわけです。

よって、形稽古においては、取りは情報遮断を行うが、受けは情報遮断を行わず、攻撃時に気を出して、取りが気を読めるようにするというのが大切になります。

ですから、受けは、殺気を出すつもりぐらいで攻撃をした方が取りの稽古になります。

ただし打撃系の稽古では、安全のため、受けは寸止めは最低限のマナーであることは言うまでもありません。


 

 

もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

また、上の「コメントをどうぞ」をクリックして、いいね!してもらえるととても嬉しいです!

iQiPlus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください