【本当に恐ろしい痴漢冤罪】

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、今回から少し趣向を変えて、護身術に焦点を当てていきたいと思います。

今回は、男性の護身ということで、巷で増えているらしい痴漢冤罪について書きたいと思います。

僕たち男性にとって、痴漢冤罪は非常に恐ろしいものがありますよね。

それは、やってないことの証明はほぼ不可能ですから、100%近い確率で犯罪者とされてしまいます。

特に、人生の中で、今まで1円すら盗んだことのないまったく犯罪に無関係な人間が、女性の一方的な訴えだけで、警察に不当に逮捕され、拘留され、その後、痴漢冤罪にされた人の人生は破局に向かいます。

今回は、痴漢冤罪は簡単に成立するという点について述べてみました。

 


女性の痴漢冤罪に持ち込むメリット

 

 

過去の痴漢冤罪事件を調べてみますと、痴漢冤罪に陥れる女性のパターンとして2つあります。

  1. 示談金目当て
  2. 仕返し

示談金は金額の差がありますが、20万円~50万円が多く、民事で認められているのは、10万円~80万円です。

この金額は、相手を痴漢冤罪に陥れるのに十分な理由になるでしょう。

もう一つは電車の中などでマナー違反を注意されたことにムカついた仕返しです。

この場合、相手が駅に降りた時点で、警察に電話して、痴漢だと申告すれば、相手の人生を奈落の底に陥れることができます。

しかも、警察は過去のその女性の申告を調べることがありませんから、何度、冤罪を行っても、女性が犯罪者とされません。

万が一、「この前もありましたね」と警察官に言われたら、涙ながらに昔から何度も狙われると訴えればいいだけです。

なお、女性が犯罪とされることがないという点は、どのサイトかも忘れましたが、痴漢冤罪を勧める記事に書かれていたので、事実の確認は取れていません。

多分、潜在的に痴漢冤罪に巻き込まれた人はかなり多いと思われます。

 

 


男は泣き寝入りするしかない

 

もっとも恐ろしいのは、やっていなくても、痴漢されたと自己申告するだけで、犯罪として成立する点です。

そして、警察側は、罪をみとめて、示談を奨めます。

それは、痴漢と申告されたら、やっていない決定的証拠を出さなければ、法廷では勝つことができないからです。

一方、示談が成立すれば、略式起訴を回避することができ、不起訴に持ち込める可能性が高くなるので、罰金額を支払うこともなく、前科もつきません。

日本では痴漢は罪を認めなければ、強制的に前科者となるシステムになっているのです。

 


人を見たら泥棒と思え

 

ですから、人を見たら泥棒と思えという格言があるように男性は、

見知らぬ女性をみたら痴漢冤罪されると思え!

ということを肝に銘じておく必要があります。

 


 

もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

また、上の「コメントをどうぞ」をクリックして、いいね!してもらえるととても嬉しいです!

iQiPlus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください