【現実は呼び方しだいで変化する】

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。

さて、NLP心理学は合気道と非常に相性がよいという話を前回しました。

今回は当面は、NLP心理学を合気道に関連づけて書いていきたいと思います。


現実は呼び方しだいで変化する

 

僕は、幼少のころから青年期にかけて非常に体が弱く、一番輝くはずの少年期・青年期は人生を諦めた悲惨な日々を送っていました。

ところが26歳の時に合気道の師匠・井口師範にお会いしてから、僕の人生が大きく変わりました。

僕の少年期・青年期は体が弱いゆえに様々な理不尽な目に遭ってきました。

暴力や恐喝などいろいろな目に遭いました。

また、小学校4年生の時には少年野球でバットで殴られ左目を失い、中学2年の時には、頭の手術で何か月も学校を休み、弱い体がさらに弱くなりました。

こういった少年期・青年期の様々な事件を点で考えると、本当に不幸としか言えないかもしれません。

しかし、合気道を軸に僕の人生を考えると全く違ったものになります。

それらの不幸な出来事の点を線で結んでみると、そういった体験が僕を合気道に導き、僕に健康に導いてくれました。

僕にとって、それらの不幸な出来事は、試練であったと言えます。

それは、僕を井口師範に結び付ける「神様の布石」とも考えられるからです。

このように苦しみを試練と捉えるだけで、「自分は神に選ばれし存在」と思えてくるから不思議です。

他人からすれば、単なるこじつけに聞えるかもしれませんが、それで僕の人生が鮮やかに彩られてきます。

 


合気道の本質は愛?

 

合気道開祖は「合気道は愛の武道」と言われています。

相手を制することを目的とした武道が「どうして愛?」と疑問を感じる人が多いでしょう。

しかし「武道は愛である」と捉えた時点で状況が変わってきます。

そうすると、さらに、「宇宙全体で考えたとき、宇宙の本質は愛」ということに変わってくるからです。

冷静に考えると、宇宙は破壊と創造を繰り返しているだけで、時には生命を破壊し、時には生命に恵みをもたらします。要するに、宇宙は善も悪もないといえるかもしれません。

ところが、宇宙に意識があると考えると、宇宙は創造のための破壊を行い、全てのものを進化発展へと導いているという捉えると、「宇宙の本質は調和と育むこと」といえます。

すると、「宇宙は愛が本質」ということに変わってきます。

宇宙の本質が愛であり、調和と育むことであるとするなら、それを武道に適用して、相手との調和を目指し、お互いに育て合うことを目標にするなら、それは宇宙的な愛ということです。

この発想から、合気道の相手への考え方が変わり、対抗ではなく、相手を受け入れることが合気道の技の本質となるのです。

 


 

もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

また、上の「コメントをどうぞ」をクリックして、いいね!してもらえるととても嬉しいです!

iQiPlus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください