【外殻の気を使う】

皆さん、お元気ですか? 僕はメチャクチャ元気です。 さて、今回は外殻の気を使うという点にで述べていきたいと思います。


外殻の気の特性

外殻の気といういのは、身体の表面付近で放射している気です。
この気は、皮膚の表面も含んでいます。この気は、実は皮膚の感覚に直結した気です。

ですから、この気を利用するというのは、相手の皮膚感覚を利用することです。

そのためには、この気の特性をよく知っておく必要があります。

外殻の気は皮膚感覚に関連するということは、もっとも皮膚感覚が敏感なところから多く放射されるということです。

特に放射が大きいのが手です。その中でも掌が非常に放射量が多いです。

外殻の気も、本人の意識によって非常に影響を受けるものです。ある特定の部分に意識が行くと、外殻の気がそこにあつまり、他の箇所の気は非常に薄くなります。


外殻の気の特性を利用する

こうした特性をしっていると、相手が手に意識がいっているとき、相手を導くのが非常都合がいいのです。

例えば、相手がこちらの手を握ろうとしたとき、相手の外殻の気は掌に集中しています。

ですから、相手が握ろうとした瞬間、心理的に相手の握りを妨げることなく手首を回したりすると、相手は思わずついてきたりします。

また、相手が、こちらの手首を握っているときに、相手の前腕の皮膚を軽くこすると、相手の意識は一瞬前腕に向かいます。そんな状態になった瞬間、つかまれた手を軽くひねると簡単に手が抜けてしまいます。

しかし、このとき相手の前腕を思いきり押すと、相手は抵抗を感じ、離されまいとより握力を強くこめてきますので、手が離れなくなります。

こういった応用が皮膚感覚の技術です。皮膚感覚の技術は、相手の皮膚感覚をつかって意識をコントロールすることなので、意図が読まれるような行動では技が効かないわけです。

ですから、触れられるような軽い力の方が効果がでるので、不思議な感覚を相手に与える技です。


もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。

  にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村
iQiPlus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください