当身について①

最近、私のブログに合気道修行者の方々が興味をもたれているようだとわかりましたので、そういう人たちのために、少し私の学んだ合気道について述べたいと思います。

まずは、合気道における当身(アテミ)について述べたいと思います。ちなみに当身というのは、パンチや手刀や肘や体当たりなど合気道における打撃技のことを指します。

近年の合気道の稽古では、当身を軽んじる傾向があると聞いています。しかし、当身は非常に大切な技術ですので、少しでも当身に関して興味をもっていただければと考えて、何度かに分けて当身について述べさせていただきます。今回は当身の意義について述べます。

私の師匠である井口雅博師範は、当身を非常に重視され、常に稽古するように言われていました。
それは次の3つの観点から言われたものでした。
①武道としての実用性
②合気道の動きの基礎作り
③対処のためには、原理を知ておく必要性がある

①に対しては、開祖・植芝盛平翁先生は、「合気道の実戦では、当身7分に投げ3分」といわれているのと同等の理由です。

②を指摘すると、多くの合気道家は「?」と思うようですが、実は当身の身体の使い方は、投げに共通するところが多いのです。
当会では、当身を骨の技術という名称で、鍛錬していますが、詳細は後日ご説明できればと考えています。

③に対しては、例えば医療では、人間の体に悪影響を及ぼす要因を研究します。要するに毒となるものを研究する訳です。しかし、それを悪という人は一人もいないでしょう。

でも、悪用すれば、大量殺人も可能な危険なことです。「悪用を考えると研究なんかとんでもない。即刻研究をやめるべき」と言っておられるでしょうか?

人は知らないことに対処しようがありません。当身もそれと同じで、当身に対処しようと思えば、合気道修行者も当身をよく研究し、どんな原理でパンチが飛んでくるかを知っておく必要があります。

最近の合気道指導者は、当身に対して否定的で、指導をされた経験がないという方が増えていると私は聞いていますが、当身の原理を分からずして、当身に対処できるのか私は甚だ疑問に感じています。

私の知り合いに、フルコンタクト空手を少しやったことのある合気道四段の方がいらっしゃいますが、「どこの道場でも、女性が二段にもなると、どんな相手でももう大丈夫と考える」と言っていました。

しかも、その方が、例えば空手の初級クラスでも簡単に捌けるパンチを出してみても、まったく対処すらできないそうです。ところが、女性たちは、「相手が自分より上の四段だから対処ができない。でも、他の武道二段なら大丈夫」と思うそうです。

このような思いこみは当身を知らないから起こることで、指導者の責任ですので、その様な女性をだれも責めたりはできません。

まだ、男性の場合、テレビでボクシングやアクション映画を見たりして、何となく当身の怖さをわかっているので、「自分の合気道は実際つかえるのだろうか?」と考える人は女性に比べてかなり多くいると思います。

そこで、そのように考える男性や女性の合気道修行者の方々は、さらに踏み込んで当身について研究してみては如何でしょうか?

次回は、もう少し当会に伝わる当身について述べてみたいと思います。

iQiPlus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください