知っていると知らぬでは大違い

合気道をやってみて、一番最初に言えることは「知っていると知らぬでは大違い」ということです。

私は、非常に幸運でした。というのは、故・井口雅博師範のような達人に教えていただけたからです。そのお陰で、合気道の秘伝を学ぶ機会が得られ、私では到底行き着かない知識を得られたことです。

何事も超一流の人につかないといけないといわれますが、まさにその通りだと思います。

合気道のような身体を動かすものでも、結局、知識がすべてと言っても過言ではないと思います。ですから、どんなものでも世の中には知ると得することが多いと感じています。知らないと知るでは大違い、知っているということは、まさに井口師範の秘伝のようなものと感心することが一つありました。

といいますのは、とある人の紹介で、昨日、火災保険の申請を【無料】で代行してくださるという代行サービスを申し込んだのです。
別に自宅が火事になったわけではありません。実は、火災保険では、台風はもちろん、日頃の雨や風、雪などによる「自然災害」でも保険金がでるということで、しかも、多くの場合自然災害を受けているというので、しかもまとまった金額(平均6,70万円)が出るということなのです。

「えっ、そんなにうまくいくの?」と思ったのです。やっぱり、個人ではほとんど失敗するそうです。しかし、専門の代行業者に頼めばかなりの金額になるとのことです。

当然その見返りは発生します。火災保険が無事下りれば、その業者で修繕するか、保険料の30%をその業者に支払わないといけません。
でもいい話だと思いましたので、申し込みました。

しかし、【無料】で調査してもらい、【無料】で申請までしてもらって、結果的に保険金が出なかった場合でも一切費用がかかりらない。
ということなので、気軽に申し込めました。

築5年以上の建物なら必ずまとまった金額がでるとまで言われました。

とはいっても、いくら手に入るか楽しみです。ただ調査まで数か月はまたないといけませんので、かなり先になりますが、このブログで皆さんにご報告できるといいなと思っています。

世の中で、情報と言うのはどれだけ大事か、井口師範の秘伝を学んでくださっている人は皆さん実感されていると思います。

iQiPlus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください