【護身術の本出版】

皆さん、お元気ですか?
私はとても元気です。

しばらくブログをお休みにしていましたが、実はその間に、護身術の本を書いていました。
そして、アマゾンのキンドル版で出版しました。

本の題名は
力の弱い人でもできる唯一の護身術
 -合気道の秘伝エッセンス
 -女性・シニアにできる唯一の方法を世界初公開
としました。

先月6月9日に、東海道新幹線で無差別殺傷事件が発生し、誠に残念なことに一人の男性が亡くなりました。

その男性は、頭もずば抜けていて、会社からも期待されている上、周りの人にやさしく非常に正義感が強く本当に人格的に優れた人だということでした。

また、刃物をふるう犯人に無防備な素手で相手に立ち向かうというのは、並外れた勇気の持ち主であったのでしょう。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

でも、本当に残念でしかたがないのは、もし少しでも日ごろから護身への問題意識があれば貴重な生命を失うことがなかったのではないか思われる点です。

この悲惨な事件から分かることは、日ごろの護身の意識がなければ、このような東大を出ているほどずば抜けて頭がよくても命を失ってしまうという点、普通の頭しかない私たちは、それこそ日ごろから十分注意しておかなければいけないという点ではないでしょうか?

ところが、マスコミでは視聴率の関係からか、こういった事件が起こっても全く護身について語られることがありません。

そこで、そういった悲惨な事件をこれ以上増やさないためにもと、安全確保を重視した護身術の本の必要性を感じ、この度、出版することにしました。

本書の大きな意義は、本来は合気道の一部の者だけが独占していると思われる力のいらない秘伝技術の本の一部ですが公開した点です。ですから、合気道修行者も非常に参考になるとは思います。

本書で書いた技術は、骨の技術の秘伝、皮膚の技術の秘伝、空間感覚の技術の秘伝の本の一部を護身に焦点を当てて書いたので、実際に合気道の技に活かすには不十分とは思います。

何故なら、素人の護身という点で書いていますので、秘伝技術の幅広い応用については言及していないからです。

それでも、力のいらない技術の一端を知ることができると思いますし、秘伝技術の説明ではイラストなど入れて分かりやすくしたつもりですので、ご興味がある方は読んでいただくといいと思います。

また、一般の人も、今後このような犯罪がますます増えると思いますので、是非とも安全確保のため読んでいただければ幸いです。

現在のところ、価格は250円としています。
しかし、このことを当会の会員の皆さんに話したところ、「安すぎる」と言われました。そこで、今後の値段を再考しておりますので、急遽上がるかもしれませんがあらかじめご了承ください。

なお、価格を変更する際は、ブログでお知らせいたします。

以下にアマゾンのリンクを貼っておきます
力の弱い人でもできる唯一の護身術
-合気道の秘伝エッセンス-女性・シニアにできる唯一の方法を世界初公開

 

「【護身術の本出版】」への3件のフィードバック

  1. 一読者(TLS非対応のため、念のため仮アドレスにさせていただきました。) より:

    初めまして。
    御本を拝読し、質問があってコメントします。

    参考動画中にある女性の動きで、本で直接解説されていないものも、本の中の秘伝の応用なのでしょうか。

    動画中ではいわゆる合気上げに見えるものや、振り抜くパンチ?、立ったまま相手と手を合わせてそっと倒しているものがあります。

    私は打撃系の格闘技をやったことがあり、最近は自分よりも若かったり、力とスピードのある相手をコントロールできるような動きに興味がありまして、動画や本、ブログを見させていただいています。

    悲惨な事件への護身となると武器や抑えられた場合の対処も多く、筋力や効果的な打撃以上、あるいは異なる何かで制圧できる技術の必要性も感じます。打撃で事態をエスカレートさせたり、応酬でこちらが怪我をする危険性もあります。

    関東圏在住のため直接入会させていただくことは難しく、秘伝の一部でも学べる機会としての本は大変ありがたく感じました。次回作を期待しております。

    皮膚の操作は全くできるようにならず、力の私より弱く体重も軽い人に押されて、座った姿勢が維持できるようにはならず、修行というか練習やフィードバックの重要性を感じています。

    居住地の秘伝伝承?は終わってしまっているようですので、いつか直接お会いして秘伝を習えることを期待しております。

    ご回答をお待ちしております。
    ありがとうございました。

    1. コメントありがとうございます。

      ご質問についての回答ですが、今回公開した秘伝はたった3つだけです。ですから、まだまだ秘伝は沢山ありますし、3つの応用法もまた別の秘伝として指導していますので、センスがあれば、あの3つから映像の女性のようなこともできると言っておきます。

      また、あの3つを理解したうえでないとできない秘伝もあります。例えば、遠当ての術の秘伝です。しかも科学的に誰でも再現できる方法であることは間違いありません。ただし、「なるほど!」と理解はその場でできますが、タイミングが大切ですので稽古はかなり必要です。

      しかし、当会で指導する秘伝の最も重要なポイントというと、今回公表したこの3つです。しかし、この3つの秘伝も、素人に説明するため、非常に用途を絞って説明しています。また、この3つの秘伝にも、初伝、中伝、奥伝と3ランクになっています。

      いかがでしょうか、回答になっているでしょうか?

      それから、実は、秘伝を守るため、動画などでは非常に曖昧に表現しています。そのため、私の動画を何種類も見て、理解して、見た人が自分なりに統合しないと、秘伝はでてこないようにしています。

      > 皮膚の操作は全くできるようにならず、
      > 力の私より弱く体重も軽い人に押されて、
      > 座った姿勢が維持できるようにはならず、
      > 修行というか練習やフィードバックの重要性を
      > 感じています。

      この点には、呼吸力という問題が実はあります。今回から呼吸力については、より科学的に「腑に落ちる」レベルを目指してブログに書いていくつもりです。お楽しみにしてください。

      また、居住地の秘伝伝承というのは、まだ途中です。かなり、最近は、高段者へ残しておいた秘伝もどんどんと公開していますが、会員の人達がまだ再現していないのが現状です。あと2年後ぐらいをめどに、「腑に落ち、再現性のあるセミナー」を目指し全国を回る予定で、カリキュラムを整えているところです。

      色々なセミナーが全国で開かれていると思いますが、「その時分かった気になるが、帰ってくると再現できない」という声をよく聞きます。それではセミナーをやった意味がないのでそういったものを排除できればと、準備している段階です。

      またいつか直接お会いしてお伝えできればと思います。

      1. 一読者(TLS非対応のため、念のため仮アドレスにさせていただきました。) より:

        ご回答ありがとうございました。

        呼吸力の記事、期待しております。
        また、全国セミナーの開催も待ち遠しく思います。

        近場で参加できる合気道関連の習い事を始めましたので、本にある秘伝と技の関連性から、私なりに公式を考えて見たいと思います。

        ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です