護身術:武器としての靴の使い方

靴を武器にするといいますと、靴を手に持って何かするのではないかと予想される人が多いですが、靴の側面のエッジで脛など蹴るだけでかなり武器になります。普通の運動靴でもエッジで脛を蹴られると非常に痛いです。

素早く相手の脛にエッジをぶつけるよう蹴るだけで暴漢の動きを数秒間止められますので、かなり有効な武器となります。

本日のブログでは、シークンドーという武術で使われる蹴り方を紹介します。右足で相手の脛に靴のエッジをぶつけるのを想定して説明しますが、左右どちらでも構わないので、自分の蹴りやすい方で練習して下さい。

①まず相手に対して自分の右側面を向け、完全に横になって構えます。

②体を振り子のように振らせながら、左足を右足に素早く寄せ、右足は曲げて宙に浮かせます。

③左足を寄せた反動がある間に、右足を飛び出しナイフのごとく素早く蹴り、靴のエッジを敵の脛にぶつけます。

このときの注意事項をあげると、体が振り子のように振れることが大切です。ちなみにジークンドーでは、このフットワークを振り子即ちペンジュラムのようなので、ペンジュラム・シャッフルと呼んでいます。このフットワークのメリットは、移動して蹴るよりも短い時間で蹴りを相手に到達させる点にあります。

また、稽古する際の注意点は、くれぐれもパートナーの脛を直接靴で蹴らないということです。できれば座布団でも足に当てて稽古して頂きたい。というのは、軽く当たっても唸るぐらい痛いからです。

ちなみにジークンドーの訓練では、脛に丈夫なプロテクターを付けますが、それでも蹴られると腹が立つぐらいかなり痛いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です