【正面打ちについて9】受けるタイミングについて

みなさん!
こんにちは、お元気ですか? 僕はめちゃ元気です!

さて、前回、「正面打ちを受ける」にはタイミングが必要で、待っていてはダメという話をしましたね。今回は「どのタイミングで、受けるか」についてお話しします。

まず最初に言っておきたいことがあります。それは「攻撃と災害は来てから対応してたらもう遅い!」というこです。

前回にお話ししたように、正面打ちがもっとも有効なタイミングがあるということでした。正面打ちの稽古をしている人はお分かりと思いますが、有効なタイミング以外に、ここで出すという有効なポジションもあるのはもうお分かりのことと思います。

そして、そのポジションを知ることは、受けを取るという点で非常に大切です。というのは、受けのポジションは、相手がポジションを取る少し前になるからです。

具体的にいうと、相手の受けを取るのは、相手が最もいいポジションを取ろうとするために、一歩進ませた瞬間以前に、相手の手刀を迎えに行くように受けるのが、受けをとるタイミングであり、ポジションです。図で示すと下のこのポジションに入ったときです。

←このタイミング!

ですから、来た攻撃を迎え打つというより、攻撃が最大の力になる前に無効化するという考えが大切です。

ただ、そのポジションは頭で理解するものではありません。自分の体で理解していると、人の動きについてもよくわかるようになります。だから、どうしても、自分できっちりとした正面打ちを何度も体に通しておく必要があります。

今日の一言:
攻撃は迎えに行くべし、相手の攻撃を待って受けるのは、体力に自信がある人だけにしておけ!

にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

iQiPlus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください