不思議な夢

最近、前のブログでも書きましたが、当会の上級者に「気」のトレーニングを行い始めています。
といいましても、「気」の全てを私は理解しているわけではありませんので、生理学的に捉えられる側面と心理学的に捉えられる側面に関してのみ指導をしています。摩訶不思議な「気」に関してはもっと専門家の門を叩くことをお薦めしています。

そこで、そのトレーニングの心理学的な面で重要となるのが、井口師範から受けた「天の鳥舟の行」です。これは、元々は盛平翁先生が行っていた古神道の修行法だそうで、所謂「舟漕ぎ運動」と「振魂の行」を交互に行います。

と言いましても、宗教やオカルト的な方向性に行うわけではありません。例えば、両掌を上にして、両手を前に伸ばして、目をつぶり、手に鉄アレーが載っていると想像すると、たいていの人は、手の位置が元の位置より下になります。

このように、イメージの仕方で、人間というのは、自然とコントロールされてしまうわけです。当会では、この心理学的な効果を利用しています。

前置きはここまでにして、不思議な夢ということですが、先日突然、井口先生が夢枕に立って、「いわく、振魂のときの手の組み方がおかしい! ちゃんとせなあかん!」と言うのです。

実は「天の鳥舟の行」を行う際に、「振魂(ふりたま・ふるたま)」という神道の行も行うのが通常ですが、この振魂を行う際に、玉の印という特殊な手の合わせ方を行います。その玉の印がおかしいと言われているのです。

そこで、神道の関係の本をしらべてみるました。すると、やはり間違っていました。そこで、正しい玉の印を組んで行ってみると、掌に心地の良い振動が発生します。今まででも気の感覚化ができていたので、今後かなり期待できそうです。

私は、井口師範に仕えてからずっと、間違った玉の印の組み方をしていたので、正しいと思い込んでいました。ですから、資料をみても何も思わなかったのですが、改めてみて初めて分かったというわけですが、夢は自分の無意識が現われるものと心理学では考えられていますが、自分の思い込みがあると、それは無意識でも同じはずなのですが、それと反対の夢をみたのが、これが霊夢というものかどうかは分かりませんがとても不思議に思いました。

次回、お弟子さんたちに正しい玉の印の結び方を指導しなければと思いました。

iQiPlus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください