100キロ超級の大柄な体験者が来ました

先日、ボクシング経験者(歴1年半)が入会してくれましたが、それに引き続き、大学生のお弟子さんが、大柄な大学生を当会の体験につれて来てくれました。

この学生さんは、私より身長が高いので、多分180cm以上はあり、体重の方は100キロ超とのことです。また、中学生のころ柔道部に入っていたということですが、見るからに柔道の選手のようで、太っているというより、がっちりしたプロレスラーのような感じを与える体格ですので、たとえ2人組みのヤンキーでも、この人を恐喝しようなんて思わないと思います。

当然、力も強く、私が力だけで対抗しようとすれば、私の両手でも、彼の片手にかなわないぐらいでした。また、中学生のときとはいえ柔道部に所属をしていたので、基本的な投げ技は知っているので、護身術を習う必要もなさそうで、力の要らない護身術を標榜する当会に一番縁の遠いのではという感じの人でした。

日ごろ、お弟子さんたちに、腕の力を抜くように言っても、どうしても入ってしまうことが多々あります。それは、私は身長178cm、65キロなので、皆さんより大柄ですから、お弟子さんたちが口にしなくても、お弟子さんたちを倒しても、「当たり前すぎて、あまりインパクトがないからではないか?」と日ごろ感じていました。それで、今日は非常にいい機会に恵まれましたと内心うれしく思っていました。

先日に入会してくださった会員さんがいましたので、本来は、初心者優先の技術をすべきでしたが、滅多とない機会でしたので、この人を優先させていただきました。新しく入った会員さんには申し訳なく思いましたが、私より一回り以上大きい人を相手に、技が実際にかかるところを皆さんに見てもらえるよい機会でしたので、この会員さんにもいい刺激になると思いそうさせていただきました。

この学生さんは、私より35キロ以上は重いですから、体格的には、皆さんと私との体格差以上のものがあります。元柔道部ということで受身ができるので、この学生さんを相手に、片手を肩ふれて倒す技や、バットで攻撃してくるのを倒す技など、力を使わず倒せる実演を多数でき、皆さんに見ていただけ、井口師範の秘伝の正しさを確認いただけたと思います。

この学生さんは京都の大学生ですから、入会していただくことは出来ませんが、それでも、私は、日ごろ、「体格差は関係がない」と言っているので、それを皆に実際に見ていただけだけでも、本当によかったと思っております。

また、この学生さんも、「自分の知っている格闘技の中で一番すごいと思いました。本当に楽しかったです」と喜んで帰っていかれました。お世辞でもそういっていただけ本当にうれしく思いました。

iQiPlus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください