【横面打ちの打ち方2】

みなさん!
こんにちは! お元気ですか?
今日も僕はメチャ元気です!

さて、前回は合気道における横面打ちのやり方を説明しましたが、実際に一部の会員の横面打ちを見ていますと、思っていた以上に誤解されている点があることに気づきました。
特に、合気道経験を持つ人に問題があるように感じます。

そこで、「マジで痛い!」で済まないぐらいの強烈な横面打ちの打ち方を今日は伝授したいと思います。まず、横面打ちという言い方から、どうも皆さん振りかぶって、横からブーンと振り回すようなイメージの方が多いようですが、実は手刀(てがたな)は、かなり直線に出ます。

そこで、手刀を打ち出す瞬間の手刀の軌道を図で描いて見ましたので、下図を参考に見ていただきたいと思います。ご覧の通り、この図では右手で横面打ちをする瞬間を示しています。

手順は次の通りです。

  1. 横面打ちを打つ人は、まずはターゲットに向けて手刀を横にして左斜め方向に真っすぐに打ち出します。
  2. ターゲットに当たった瞬間、前方方向加速された体を、そのまま右足を軸に半時計まわりに回転させます。

以上が、横面打ちで最大限に力が乗る打ち出し方です。この打ち出し方を覚えるとかなり打撃力が上がりますので、手刀の正しい作り方を知っていないと、実際にものを叩いたときに痛める恐れがありますので、正しい手刀の作り方を説明します。

合気道の場合、手刀と書いてテガタナと読みます。ですから、空手のいわゆる手刀(しゅとう)とは手の形が違います。図のように、指一本一本に力がこもりるように指を開きます。掌がピーンと張る感覚があるとよいでしょう。当てる箇所は基本的には①か②で、①は面で、②ピンポイントで急所などを狙う場合です。また、場合により③を使うこともあります。

これでかなりの威力が発揮できます。ただし、人に使うときはやむを得ない場合を除いては、パンチングミットなどに行ってください。暴力などで使うと、攻撃を出す人が男性の場合だと、最悪相手を死に至らしめる可能性があります。

顔面には、非常に多くの危険な急所があつまっています。例えば頬車(きょうしゃ)という急所を打ったなら、上顎骨と頬骨をつなぐ平面関節がはずれ、さらに顎骨の関節も外れることによって、周りの血管や神経組織が合わせて破壊され、嗅覚、視覚、聴覚、味覚などの機能が破壊され、その結果死に至らしめてしまう恐れもあります。

又、太陽(たいよう)という急所はコメカミとして知られていますが、ボクシングでもテンプルといって脳にダメージを与えることで有名です。

ですから、横面打ちという当て身は非常に危険ですので、危険性を十分理解しておく必要があります。

もしよければ、下記のボタンをクリックして、ブログ村への投票をお願いします。
にほんブログ村 格闘技ブログ 合気道へ
にほんブログ村

また、上の「コメントをどうぞ」をクリックして、いいね!してもらえるととても嬉しいです!

iQiPlus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください