時間の流れる速さを変える方法?

現在、当会では、正勝吾勝勝速日の秘伝について、学んでいただいています。
合気道では、正勝吾勝勝速日という言葉を使ってよく指導されますが、井口師範から、これを本当に理解されている人は少ないと聞いています。と、いいましても、私自身も、この正勝吾勝勝速日に関して本の入り口しかしりませんが、、私が個人指導している合気道の高段者の方に、この技を伝授したところ、「よくウチの師範がそのことを言っているが、師範も全然理解していないように思う」とおっしゃっておられました。

ちなみに、正勝吾勝勝速日について、開祖は「勝とうと気を張っては何も視えんのじゃ。愛を持ってすべてをつつみ、気をもってすべてを流れにまかせるとき、はじめて自他一体の気、心、体の動きの世界の動きが展開し、より悟りを得た者がおのずから勝ちをおさめている。勝たずして勝ち - 正(まさ)しく勝ち、吾に勝ち、しかもそれは一瞬の機のうちに速やかに勝つ」と説明されています。

井口師範も「早いとか、遅いとかそんなことじゃない。ハッと思えば、たちまちということや。これが分からんと入り身一足の真意もわからん。先とか、先の先とかそんなものじゃなく、時間を越えていることや」と説明されています。

これですと何のことか分かりませんが、これを心理作戦と考え、心理学的な見地から捕らえると少しわかりやすいかと思います。人というのは集団属性を欲する社会的動物といわれています。この正勝吾勝勝速日とは、悪い言葉で言えば「そういう本能」を利用するということだと当会では説明しております。

当会の稽古には、骨の技術、皮膚の技術、皮膚感覚の技術、空間感覚の技術とありますが、皮膚感覚の技術と空間感覚の技術をある程度使い出せますと、空間感覚の技術に時間感覚の要素をいれるように指導します。

具体的には、時間感覚の要素を入れるというのは、「時間がゆっくりと流れるように意識すること」です。ポイントは「ゆっくりと流れる」ということで、途中で止まってはいけません。同じ早さでゆっくりと流れる時間と動きを意識しないといけません。しかも、皮膚感覚、空間感覚にこの意識を入れる必要があります。これで、ゆっくり動いているつもりなのに、不思議と相手より速く動けるのです。要するに、皮膚感覚、空間感覚の技術がこの技術を誘導する鍵になっていて、それが心理学的な誘導を行います。

ですから、ただ、単に「時間がゆっくり流れる」と意識するだけでは不可能です。でも、こういう意識を持つだけで技に変化がでるところがとても不思議だと思います。

皮膚感覚、空間感覚の技術にこの時間感覚を加えるだけで、「ゆっくり動いているのに、速く動いている相手に対応している」という自覚ができます。また、周りから見ていても、やはり、ゆっくりに見えます。しかし、相手をしている人は、こちらが瞬間に移動しているように見えます。これがこの技術の面白いところです。これを少し前の小説風のブログに井口師範の動きについて書いたのですが、読まれた方は「ああ、あれだな」と思われたでしょう。

また、私がジークンドーをやっていたところの話ですが、何年か前にスパーリングをしたとき、他の武道の高段者の方たちにも、毎年、30歳以上の参加するシニアクラスの大会で何度も入賞している伝統派の空手の師範の方にも有効でした。

さらに、一般人を相手にした場合なら、2年修行している女性にも、十分使え、有効であると私は感じています。ただ、この技術について、井口師範がもう少し生きておられましたら、もっと深いことを教わっていたのかもしれませんが、その入り口であっても、非常に有効なアイデアであることは間違いないと思っております。

お問合せ先は
http://kenkogoshin.tank.jp/contact.html

一般稽古スケジュール
http://kenkogoshin.tank.jp/schedule.html

当会ホームページ
http://kenkogoshin.tank.jp/

iQiPlus

 

「時間の流れる速さを変える方法?」への3件のフィードバック

  1. すごく参考になりました。私はあれ(橋本さんの所で習った時)から自分なりに
    取り入れて稽古しています。あれから、道を進む事が出来、本当に感謝しております。
    日記を読まさせて頂く度に、勉強になります。ありがとうございます。

    1. ご無沙汰しております。
      井口師範の秘伝は、対処療法的にその場でも非常に効果がありますが、実際は、根本というか根源的な原理を教えているので、合気道上達の地図の役割も果たしていますので、あれから、きっとグングンと上達されたと思います。

      今回、生徒に公開した「正勝吾勝勝速日」の秘伝はmixiのコミュニティでは一切触れていなかったものです。
      というのは、大きな誤解を招くことになるので控えていたのですが、こちらの生徒たちも上達し、この段階の技術を教えざるを得なくなったので、今回ブログにアップしました。

      赤石さんには、空間感覚の技術を身をもって体験して頂いた上で、理論を理解ていただいているので、本ブログを読むだけで、凡そのことは理解できたことでしょう。もう既にお分かりと思いますが、合気道に試合がない理由がこの秘伝にあるのですね。ですから、この秘伝がわかれば、合気道に試合があってはいけないということになるのですね。

      ただ、皮膚感覚の技術となるとまだ今一というところではないでしょうか? 非常に理解力のある自衛官の方ですら、皮膚の技術と皮膚感覚の技術の違いが今一わからなかったようです。

      でも、ようやく今年の一、二月ごろに、私は、皮膚感覚の技術を、感覚を交えながらではありますが、理論的な言葉で説明できる状況になりました。

      UFOさんと日程が中々合わないと聞いていますが、合えば是非きてください。また稽古しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください