【人は見かけによらない】—個人指導

Facebookから警告を受け、Facebookの記事と時期をずらしているので、かなりタイムラグがありますが、、5月3日、午前中、午後、夜と今日一日合気道の指導で明け暮れました。

ところで、人は見かけによらないと言いますが、本当に、今回は驚きました。

午後1時前、私は、緊張と期待の入り混じった面持ちで、数日前に個人指導の依頼をした初対面の方の来訪を待っていました。

当会での個人指導を申し込む方の中には、いろいろな武道を経験している人も少なくなく、他の武道家のセミナーにも参加されている場合もあり、押しなべていえることは、県外からくるだけあって、皆、かなり稽古熱心で向上心が高く、技術も高い。

「そんな人の要望にどう応えるか?」
などと、考えていると、
突然ドアをノックし、
「失礼します」
と、かなり温和な感じで、とても武道をしているように見えない普通にいる「とってもいい人」といった雰囲気を持った方がドアを開けました。

いざ稽古に入り、相手の実力を調べるために私を体を押してもらったところ、柔らかい中に強い芯のようなものを感じます。

これは、かなり体幹を鍛えている人に共通する感覚です。

私は養神館系の人の受けを受けたことがなかったので、『養神館合気道はかなりの体幹をつくるんだな』と感じていました。

ころが、この方、合気道の技を受けてみると、その強い体幹が余り活かせていません。

この異常なアンバランスに不思議さと違和感を感じました。

私が、当会の技術をいろいろと説明していく途中で、その謎が解けました。
彼は、グレーシーで名高いブラジリアン柔術のインストラクターの資格を持っていたのです。あの強い体幹は実は、ブラジリアン柔術から来たものだったのです。
ブラジリアン柔術では、彼の一つ下のクラスである緑帯で柔道二段と同等といわれています。柔道二段となると、柔道でもかなりの実力です。
ですから、インストラクタークラスの紫帯をもっている彼の実力のすごさはおよそ想像できると思います。

このような方にも、井口師範の秘伝が十分通用し、
「秘伝の技術は合気道だけでなく、打撃系や柔術でも使えますね」
と彼に言っていただき、彼の希望に十分応えられたがわかりとてもうれしく思いました。
いやー、人は見かけにはよらないものですねえ~。

iQiPlus

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください